2006年09月16日

準備万端

院試まであと2日だ。ようやく勉強のエンジンがかかってきた。

一心不乱に中国の思想について調べ、まとめ、覚える。
脳が疲れてきたな、と感じたら、英語の読解に移る。気分転換には語学が最適だ。
集中してる時は、勉強が楽しいし、何も言うことはないが、唯一不満なのは、タバコとコーヒーの消費量が跳ね上がったことかな。 一日で灰皿がいっぱいになっちまう…。


と、なんかカッコつけてみましたけど、実際はこんなに良いもんじゃない。
やればやるほど分かるんですよ、「あぁ、これ、時間、足りませんね」って。
新しい知識を得ると、その分だけ視界が広がって、さらに知らないこと・分からないことが出てくる。この繰り返し。
気が狂いそう。あと手が痛い。無駄に画数の多い漢字ばっか書いてるから。

だいたいね、中国三千年の思想史を一週間とかそこらで網羅しようってのが無茶な話なんですよ。馬鹿なんじゃないですか? ゲームとかして余裕かましてた僕は。

あと地味にやばいのが英語。
英語なんて余裕過ぎるぜ!と自惚れていた僕。いざ過去問を見てみると、これがまた読めないんですよ。
「この単語、どこかで見覚えがあるのだが…」の連続です。

分からない単語はサクサクとばしていくのが長文読解の鉄則ですが、そんな鉄則が成り立たないレベルで単語が分からない。 サクサクとばしたら後はもう焼け野原。何も残ってない。

さすがに焦った僕。もうなりふり構ってられません。
大学受験における基礎中の基礎、「速読英単語・必修編」をやり始めました。これ使うの五年ぶりだわ。

電車の中でこれを読んでいると、「へへ、まわりからは俺、何浪生に見えてんのかな…」とドキドキしっぱなしです。

 

そろそろ就職活動でも始めようかにゃ…。

2006年09月10日

やっぱりカレーとは全然ちがう

ついさっき、とてもバカげた事件に巻き込まれました。

友人たちとゲームセンターでしこたまクイズゲームをした帰りのことです。
クイズをしながらビールを飲んでた僕は、ほろ酔い気分で家へと向かっていました。

土曜深夜の電車はとても混んでいて、いささか気分が悪かったですが、ぬるい夜風が気持ちよかった。

中野駅で乗り換え、ホームで電車を待つ。もうすぐおうちだ。今日はクイズ頑張ったし、風呂入ってぐっすり寝よう…。

しかし一向に電車が来ない。
この野郎、俺は試験前なんだぞ。一分一秒も無駄にできないんだぞ。

ほいほいとゲームセンターに行った自分のことを棚に上げて、僕は怒った。

すると、駅員のアナウンスが。

なんでも、隣の高円寺駅で痴漢が現われたらしい。
そして、駅員に取り押さえられそうになった痴漢くんは、なんと線路に飛び降り、この中野駅方面へと走って逃走しているのだと。

こんなアホな理由で電車が止まるなんて、初体験です。
おそらくこのアナウンスを聞いた人すべてが思ったでしょう、「そんな痴漢は轢き殺してもいいから、早く電車動かせ」と。

結局それから30分ほど待ちましたが、逃げた痴漢は発見されず、徐行運転で電車は動き始めました。
そりゃ痴漢もバカ正直に隣駅まで来ませんよね。どこか適当なところでフェンスをよじ登って線路から出たことでしょう。

こうしてやっとこさ地元の駅に到着。なんだかドッと疲れました。
ため息をつきながら駅の階段を上がっていたら、そこにウンコがありました。

いや、ホントに唐突で意味が分からないんですけど、階段にウンコがあったんです。

で、それ、明らかに人糞なんですよ。量・臭いからして。

なんで駅構内の階段に人糞があるんだ…?ここで脱糞したのか?どれだけ豪気な戦士なんだ、このウンコのご主人様は。

一瞬なにかの動物のフンだろうかとも考えましたが、 むしろあれだけの量のフンをするような巨大な生物がそこらへんをうろついている方が怖いので、僕は考えることをやめた。

 

というわけで、痴漢に人糞と散々な一日だった。外出なんてするもんじゃない。

2006年09月07日

こういうことだったのか

一人暮しの最大の欠点、それは食生活の単調化と貧困化。
栄養のバランスが取れた一人分の食事を継続的に作るというのは意外に難しいものです。

同じ食材を買う量が多ければ多いほど一人分の材料費も安く済むわけですが、たくさん買ってきてしまうとすぐに飽きがきますし、 なによりこの季節、速攻で食材は腐っていく。
かといって、一人分の材料をちょこちょこと何種類も買うとお金がかかる。

しょうがないので妥協に妥協を重ね、当然この僕もご多分に洩れず、狂った食生活を送っているわけです。

例えばちょっと前の主食は、さきいか。
さきいかはすごいよ。片手でつまめるし、手も汚れないから、ゲームしながら食べるのに最適。安いし腹持ちも良いしね。やたら喉渇くけど。

そんな貧相な食事の反動か、数日前、僕は発作的に料理を作ってしまいました。それはカレー。みんなが大好きなカレーです。 カレーライスってなんかワクワクしますよね。
このカレー、肉は冷凍してあった牛スジ肉を使用。何回も入念に煮込んで油と臭みを取り除いたので、肉の下ごしらえだけで半日かかりました。 カレーも冷蔵庫で寝かせたので、完成までに24時間以上を擁した苦心作です。

で、食べてみると、まぁ普通にうまいんですよ。
深みのある味に、ほろほろと口の中でほどける柔らかいスジ肉。やっぱ自分の手料理はうめぇ。

…のに、僕は心からカレーを楽しめなかった。だってそのカレー、10人分もあったんだもの…。

そもそもね、カレールーがいけないんだよ。1箱で10人分なのに、ルーは8個にしか割れないんだぜ?
1人分作りたいときは、ルーは0.8個。2人分なら、ルーは1.6個。3人分だったら2.4個。
そんな細かく割れるか!と癇癪を起こした僕は、一気に10人分のカレーを作り始めたのでした。
あとカレーって油まみれの料理だから鍋洗うのとかめんどくさい、という横着も、僕の暴挙を積極的に後押ししました。

こうして出来た、鍋から溢れんばかりのカレー海。見た瞬間に、あ、やっちゃったなコレ、と感じざるをえない。

これが古きよき時代の日本ならば、お隣さんにおすそ分け、ということになるのですが、生憎ここは東京砂漠。
お隣さんとは全くの没交渉ですし、そもそも僕のお隣さんとやらは、清原と中村ノリを足して2乗したような怖いお兄さんと、その情婦(たぶん) 。鍋持ってったら頭からカレーひっかけられかねません。

そして僕の一人ぼっちの七日間戦争が始まったわけですが、もうホントに嫌になってくるのです。
カレーライス、カレーうどん、カレーナン、カレー焼きそば、カレーラーメンと、毎食カレー祭りしてんのに、 なんかの昔話みたいに鍋からはいっこうにカレーが減りません。家中がカレーくさくなったうえに、 自分からも絶え間無くカレーの臭いがするような気がしてきたし。インド人だってこんなにカレー食わねぇよ。

あぁ、もうカレー食いたくないなぁ…。僕は心底ユウウツだった。
カレーが嫌で嫌でしょうがない。だんだん食べ物に見えなくなってくる。

そして僕は、生まれて初めて本気で思った。

カレーってウンコにそっくりだな、って…。おわり

2006年09月04日

モジモジ…

こ、こんにちは…。僕、EBAっていいます。

とまぁ、破竹の勢いで更新をサボっていたわけですが、特に理由とか無いんですよ。

強いて言うなら、前のPCを緊急リカバリーした時、日記書くのに使うソフトとかが全部消えてしまったので、なんかめんどくさくなった、 という感じです。

まぁ最大の理由は、僕が精神的植物人間になっちゃったことかな?えへ。

こうして僕はこのブログを放置してることすら完全に忘れ去っていたんですが、 友人に脅迫まがいの要求をされてしまったので久しぶりに更新してみることにしました。

それからが大変だった。

まず、自分のブログの管理ページにログインするためのIDやパスワードを全部忘れている。
もう思いつく限りの文字列を打ち込んでやりましたよ。
そうしてなんとかログインできた時の達成感といったらなかったね。最高だ。

そしたら今度は、知らないうちにブログにいろんな機能が追加されてて、これがよく分からない。
『ドロップシッピング』?
『vlog』?
『ビデオポッドキャスト』?
『タブクラウド』?

何を言っているのかさっぱりですよ。

調査の結果、記事に25MBまでの動画を貼り付けられるようになったってことだけは分かりました。これは太っ腹ですね。
今度なんか動画撮ってきて貼り付けてみようと思います。

で、試しに色んな人のブログ見てみたら、この機能はいい!すごくいい!
季節柄、「今日は海に行ってきました☆」な〜んて言って、水着で泳いでる動画をアップしてる人が沢山いるの。 クソ暑い今年の夏に初めて感謝しました。

これがまた、結構カワイイ子が多いんですよ。まぁ容姿に自信が無かったら、ブログに自分の動画なんか載せないわな。
とにかく良い目の保養になった。あまりに大量の海動画を見たので、自分が女の子と海で楽しく泳いだような気すらしてきました。もう最高!

結局、この記事を書き始めるまでに6時間ぐらいかかりました。やっぱり久しぶりの更新ってのは大変です。日記執筆ってのは、 一日休んだら取り戻すのに三日かかるという過酷なスポーツですからね…。
まぁかかった時間の大半は、「ポロリねぇか、ポロリ!!」と目を血走らせながら水着動画を探し回ってたわけですが。

とにかく、またそれなりに頻繁に更新していこうと考えていなくもないので、よろしくお願いします (僕が一番信用できないのは自分なので、約束はできない)。

特に、この二ヶ月ぐらい、凍りついたように動かなかったこのブログに、何回も何回も無駄足を運んで下さった人たち、バ〜カ…、じゃなくて、 本当にすいませんでした!

 

 

 

そうそう、心機一転、ブログのデザインを変えてみよっかな、って思ったんですが、このテンプレートなんかどうですかね?

http://blog.seesaa.jp/pages/sample/index?id=106

世界初オタク系SNS「OTABA」とのコラボレーションで生まれたテンプレートらしいです。アホか、seesaa。

2006年07月05日

いろんな意味で困ったちゃん

なんで電車って子供は半額なんですか?
電車に限らず、映画とか遊園地とかそういうのも。

食べ放題なんかで子供の方が安いのは、あぁ子供は大人に比べてあんまり食べないからな、と納得がいくんですが、電車はむしろ逆だろ。子供の方がえてして大人より迷惑だろ。むしろ2倍払えって感じですよ。

僕は子供の頃は、親に「あんたは半額しか払ってないんだから席に座る資格はない」とか言われてずっと立たされてましたけど、最近のクソガキ様たちは堂々と座って暴れていらっしゃる。

まぁ無賃乗車しまくってた僕が言うのもなんですけど、とにかく、なんで子供料金とか学割なんてものが存在するのかよく分かりません。
割り引いてやる理由が見当たらないですよ。お金をあんまり持ってない年代への優遇に過ぎないのだろうか。もしくは身体的弱者だから?

でも大概は、そういう優遇されてる年代の人たちの方が困ったちゃんなのです。
子供と老人、これ最弱、かつ最強。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。