2005年07月27日

言の葉ヒラヒラ

あぁ…。なにもする気がおきません。早くも夏休みが僕に重くのしかかってきています。

最近の日記の更新ペースを見てもわかると思いますけど、なんかもう全てがおっくうですわ。勉強はもちろん、 マンガ読むのもメシ食うのも寝るのさえもめんどくさいです。知らないうちに寝てしまっているんだけど、寝れば寝るほど疲れてしまうんです。 なにをしても楽しくないというか、僕の精神がどこかで澱んでしまって正常に流れてない状態なのが自分でもありありとわかります。 わかるだけに余計イヤになるんですよ。
ここまで長期休暇に適応できないと、僕にはなんらかの遺伝子的な欠陥があるんじゃないかと疑ってしまいます。早く夏休み終わらねえかな。 だれかお金あげるから僕の夏休みを終わらせて。

最近おもしろかったことといえば、昨日やってた「ためしてガッテン」ニラの栄養を十二分に引き出す調理法について特集をしていました。 なんでもニラというのは根っこの部分がニンニク、葉っぱの上のほうはホウレン草、というように二つの属性を持つ野菜らしいのです。つまり、 上と下でそれぞれ適した調理法を用いなければいけない。

根っこの方は、加熱調理する前によく刻んで空気に触れさせることによって、酵素の力で不要な成分の分解が進み、栄養たっぷりになります。 その栄養価、実に通常の246倍だってさ。今までの僕たちの調理法は、ニラのニの字どころか、 ニラって書くための鉛筆すら持ってないようなもんだったんですね。

葉っぱの方は、切ってから熱を通すと大半のビタミンが失われてしまうので(ホウレン草と全く一緒ですね)、 まず切る前に電子レンジでチンしてから、切って料理に使用するんだと。なんかめんどくさいですが、 この工夫によっておいしさが2.8倍になるらしいです。

この2.8倍というのは、なんかそこらへんの婆さんたちに工夫したニラと工夫しないニラを食わせて、 どっちがおいしいか投票してもらうことではじき出した、はっきり言ってなんの当てにもならない数値なんですが、まぁ試してみようと思います。 とりあえず今日ニラ買ってきた。

この「ためしてガッテン」っていう番組、オバサンたちの投票のように、 科学的に妥当かどうか怪しいような実験が多いのが気になりますし、 山瀬まみを始めとするゲストの方々が白痴全開なのが気に入りませんが、内容は毎回興味深いです。 僕も思わずガッテンしてしまいましたとさ。

あと今日は、「嫌韓流」という本を読みました。本っていうかほとんどマンガですけど、ほら、 「ゴーマニズム宣言」みたいなタイプの本ですよ。体裁的にも内容的にもね。
この本、一部ですごい話題になってるんで知っている人も多いと思います。 まぁ一部ってのは2ちゃんねるのことなんですけど、 アマゾンで一位になってたりと、なにかと話題の問題作なんです。

で、内容については、やっぱりこういう不特定多数の人に見られる可能性があるところでは書きにくいんですけど、 韓国人は最低だ、って内容ですね。題名のまんまです。その真偽はおいといて、 とりあえず自分がこの問題について無知であるってことはわかりました。

僕はどっちかっていうと嫌韓側ですが、それは彼らについて何も知らないからなんですよね。 知らないものはとりあえず拒絶してしまうのが僕の条件反射なんです。知らないものって怖いし不安じゃないですか。 こういう消極的な嫌韓の人はけっこう多いと思います。てかヨン様を見て泣き出すような、 脳が狂ったマダムとか、歴史を専門に勉強している人以外はほとんどそうなんじゃないんでしょうか。あくまで僕の憶測ですけども。 漠然と嫌いなんですよ、韓国人が。

これには身近にいる人の意見とかも大きく関係してると思います。 ウチの親父は徹底的に嫌韓でしたからね、 サッカーの日韓戦を見てるときなんかは、ブツブツと独り言で韓国を罵りはじめ、 次にその韓国相手にゴールを決められない日本をも罵りはじめて、最終的にテレビを消して不貞寝してしまうんです。 中学生だった僕には本当に不思議な光景だった。

まぁとにかくですね、僕はいまだに自分の知識と意志によって韓国に対する評価を決めることができてないわけです。 学問の世界に身を置こうとしているのにこれはちょっとヤバイかな、と思ったんで、これからは少しアンテナを張っておくことにします。

でもね、真の意味での「知識」というのは一体どのようなものなのか、 という疑問も常々自分の中にあるんです。
知識ってのはほとんどが伝聞じゃないですか。自分で検証して納得した知識なんてほとんど無いわけで。さらに、 知識の伝達は大抵が「言葉」によって行われるわけで、そこにも問題が潜んでいると思うんです。

日韓のように感情的な歴史問題においては、一つの出来事がまったく違う形で記述されてしまっている、それが韓国による 「歴史認識の誤りを修正しろ」みたいな非難に通じてると思うんですよ。
しかし、歴史を記述するにも口述するにも、それに言葉を使う以上、どうしようもないズレが生まれてしまうのはしょうがないと思うんです。
日本語と韓国語というような語族の違いだけじゃなくて、もっと小さなレベルでも、 人それぞれで同じ言葉に対する認識は微妙にズレているはずです。言葉っていうのは、 意思疎通の最低ライン、 別の言い方をすれば物事のただの近似に過ぎないわけで、 言葉によって自分の気持ちや状況を完全に他人に伝えるのは無理なんですよ。
仮に、仮にですよ、僕が「うんこ」って言ったら、「うんこ」 とは排泄物のことであるということについては全員の合意が得られるでしょうけど、 みなさんがパッと頭に思い浮かべるうんこは十人十色でしょうし、 僕のうんこ発言についての感想も人それぞれでしょう。 「なんてTPOが分からない奴なんだ、逝ってよし」と怒る人もいれば、 「わたしうんこ大好き!」と喜ぶ人もいるでしょう。てか、いました。

今の例は、「同じ言葉を受け取る際の人それぞれのズレ」ですけど、他にも 「ある出来事と、それを表す言葉とのズレ」ってのもあります。
これは僕が昔から考えてたことなんですけど、まず「夢」って言葉と「欲望」 って言葉を比べてみてほしい。

「このEBAには夢があるッ、絶対に叶えたいんだ」なんて言ったら、 女の子もコロリといってしまいそうです。
でも、「このEBAには欲望があるッ、絶対に叶えたいんだ」なんて言ってしまったら、 女の子は泣きながら逃げていくか、最悪110番ですよね。

簡単に言っちゃえば「ものは言いよう」ってことなんですが、なんで「ものは言いよう」なのか、 それが重要なんです。

答えは、言葉そのものに既に価値判断が含まれているから。「夢」には肯定的な感情、「欲望」 には否定的な感情がすでに言葉自体に含まれているのですよ。 指している内容はどっちもほとんど一緒なのにね。
つまり、価値もクソもないただの物事を、言葉によって説明した瞬間、否応なくそこにはなんらかの評価が付加されてしまうんです。
こうして日韓の「歴史認識」なるものはどんどんズレていったんでしょうね。

言葉ってのは本当に頼りない存在だと思います。ま、だからこそ楽しいんだけどな。

2005年07月24日

I‘ll be Bear

昨日夜中に日記書こうとしてたら、DJのMEITENさんに呼び出されてしまいました。 もちろん行き先は井の頭公園。僕とMEITENさんは、深夜の井の頭公園の池のほとりで、 タバコをプープーしたりドクターペッパーをグビグビしたりするのが大好物なのです。この習慣は、もうかれこれ4年ほど続いています。 だいたい夜中から明け方ぐらいまで、 マイナスイオンニコチンを体中に浴びながら、 日々の疲れをゆったりと癒すのだ。

とにかく、昨日はMEITENさんのせいで日記が書けなかったんです。 決して僕のせいじゃないんです!

さて、こないだはリラックマを痛烈に批判した僕ですが、なぜか今我が家はリラックマだらけ。 家をのっとられるんじゃないかっていう勢いで奴らが集ってきます。やはりスタンド使いはスタンド使いと引き合うのでしょうか…。

P1010784

まず新しいクリアファイルが二種。あいも変わらず、 爽快なほどに自堕落なリラックマが描かれています。

P1010781

次は、卓上リラックマ。このようにケータイを置くことができるのですが、不便でしょうがない。 露骨に邪魔です。そもそも充電ができません。
さらに、少しわかりにくいですが、ケータイのストラップもリラックマなのです。 これはシクヮさんがくれました。ペットボトルの麦茶にオマケとして付いてるらしいです。 本当にありがとう!

クリアファイルと卓上リラックマは、これまた妹がくれたんですよね。奴はなんで僕にせっせとリラックマを渡してくるのか、 血を分けた兄妹ながらさっぱり意味が分かりません。脳みそがリラックマになってしまっているのでしょうか。

でもね、僕も妹に「あげる」と言われて、なぜか断らないんですよ。 別に妹の気持ちを思いやってるってわけじゃなくて、なんだかんだで僕自身、結構ほしいんですよ、リラックマグッズがね。 だんだんこのクソクマに魅かれていく自分を自覚しています。どうしちゃったんだろう、僕の心…。

やっぱり「嫌い嫌いも好きのうち」ということで、 僕はリラックマプーさんに本心では憧れているからこそ、 前回は彼らを非難してしまったのかもしれません。彼らに強く憧れているのに彼らの境地まで辿りつけない、そんな自分が本当に許せなくて、 非難の矛先を自分からクマたちにすりかえてしまったんでしょう。強い関心を寄せているという点で、好きも嫌いもほとんど同じ感情ですからね。

僕はもう迷わない。
将来はぜったいクマになってやる!森でハチミツ舐めながら暮らすんだ!ベロベロォ!

2005年07月22日

上昇

昨日はメガネを作ってきました。
別にメガネ至上主義に戻ったわけでは無いですよ?休みの日は家で昼寝ばっかりしているリラックマな僕の場合、 メガネが無いといろいろと不便なのです。ここのところずっと、ワンデーのコンタクトしたまま当たり前のように寝まくっているので、 さすがに恐ろしくなってきました。快適なヒッキーライフを送るためにはやっぱりメガネに限るわい!

さて、メガネ屋には星の数ほどのフレームが用意されているわけですが、今回僕が店側に提示した条件は二つ。 安さダサさです。
その注文に応じて店主が出してきたのがコレ。

 P1010776 

うん、いい具合にダサいですね。いい趣味してんじゃん、店主。だいぶ気に入ったので、現金一括払いしてきました。8760円。

なんでまたこんなオヤジくさいメガネにしたかというとですね、ここだけの話、コンタクト着用時の僕を引き立たせるためなのですよ。 みんなには秘密だよ?
仮に、メガネモードの僕を-10点、 コンタクトモードの本当の俺デビューした僕を0点とします。この場合、 メガネからコンタクトになったことで10点上昇するわけです。
それなら-100点のメガネをかけたら100点も上昇するじゃん! ということで、クソメガネを選んでみました。僕って頭いいでしょ?

あぁ、あと初めて気付いたんですけど、コンタクト付けたままメガネかけても視力は上がらないんですね。 てか逆になんも見えなくなっちまったよ!

2005年07月21日

ヤマダ電機と対決する

今日やっとこさヤマダ電機に行ってまいりました。もちろん例のマウスぉNEWのマウスを買ったYO♪参照) についてのクレームをつけるためです。

このマウス、前にも書いたとおり、買って30時間で故障するという虚弱体質。ホイール (中央のクルクルするところ)が用を為さなくなってしまったのです。これじゃ縦に長いwebページを見るのが大変です。
しかし慣れとは恐ろしいもので、一ヶ月たった今では全然不便を感じなくなってしまいました。最近はけっこうヒマしてたんで、 ヤマダ電機に行こうと思えばいつでも行けたんですが、外はクソ暑いし、熱中症になったら大変だしぃということで、 なんだかんだで先延ばしにしていたのです。でも今日は比較的涼しかったから暑さに耐えて頑張った!感動した!

レシート、保証書、付属品をしっかりと持参し、万全の態勢でクレームをつけに出陣します。こんな不良品を売りつけやがって。 ブッ殺してやる!お客様は神様ということを体で教えてやる!!
「すいませ〜ん、このマウス故障しちゃったんですけどぉ…」

三分後、僕は新品のマウスを持って家路についていました。
なんかすごいあっけなく新品をくれた。ビックリしました。いいの?
ネチネチクドクドと使用状況を聞かれたのちに、「動作確認しますのでまた後日いらしてください」 とか言われるのかと思ってたのに。そしたら文句を言いまくってやろうと思ってたのに。
文句やイヤミを言う隙さえなかったです。なんかこっちが悪いことしたような気になってしまったので、CD−Rを買って帰りました。

なんのオチもなくてすいません。

2005年07月20日

STOP!Bears

さっき実家に帰ってみたら、妹が、よくわからん熊のキャラクターのクリアファイルをくれました。

V6010775

なんか無気力な顔をした熊が布団に入りながら「あと5分…」と呻いています。右下には、 見えないでしょうがローマ字で「kyou mo minna de daradara goron」 と書いてあります。色々見せてもらいましたが、他にも何種類か絵柄があって、熊が寝っころがりながらお菓子をボリボリ食べている絵柄とか、 とにかくもう世も末な絵柄ばっかりなのです。

聞くところによると、この怠惰丸出しの熊は「リラックマ」といい、 妹のまわりの女子大生たちに人気があるとのこと。UFOキャッチャー用のヌイグルミもあって、 僕の馬鹿妹は結構なお金をかけてそれをゲットしたらしいです。

だいたいこのネーミング、「リラックス」についての認識を誤っていると思いませんか? リラックスってのはあくまで精神的肉体的に張り詰めた状況から解放された後に訪れる弛緩している状態であって、 この熊のように日常が弛緩しきってはリラックスなどできようはずもない。この熊野郎、re-lax (再び緩める)というより、always laxな状態ですからね。「ラックマ」 に改名していただきたい。

なんでまたこんな堕落しきったキャラクターが、女の子たちの間で人気者になっているんでしょうか? 「今日もみんなでダラダラゴロン」なんてことを平気で言っているんですよ、このケダモノは。 「今日」ならまだ許せるんですよ、昨日まで大変だったんだろうな、疲れているんだろうな、 と心配もします。しかし「今日」ってのは酷い。まっことほんまもんのクズ発言です。 女の子たちはやっぱりダメな人に魅かれてしまうということなんですか?それならなんで僕には魅かれないんですか? 僕も熊にならなきゃダメですか?本当に世の中意味が分からない。

ところで、怠惰熊といえばやっぱり彼を忘れてはいけませんよね。
V6010776

そうです。Winnie the Pooh先生です! ディズニーは著作権などに糞うるさいので写真を載せるのは少し怖いのですが、今回ばかりはしょうがない。プー様は世界的な駄目熊ですからね。
僕は昔から、それこそ絵本を読んでた頃から、このプーという男に違和感をもっていたんです。
”こいつは…クズなんじゃないか?”
数年前、ネズミーランドにて彼のパレードを見て、自信が確信に変わりました。
彼はギンギラギンに光る馬車の屋根に乗って、こう叫んでいたのです。

「ハチミツ舐ぁめたいよぉ〜」

「みんながいれば幸せさぁ〜」

やばいだろ、これは。彼のアクションも声も、全てがやばかった。さらによくよく見てみると彼、下半身になにも着てないんです。 上半身に扇情的な色使いのちゃんちゃんこを羽織っているだけ。意味がわかりません。
ヌードってのは面白いものでしてね、着けている布の面積が小さいほど良い、というわけではないのです。 それだったら全裸が最高にいやらしいってことになるわけですが、実際はそうではない。全裸よりも変態的な格好とは、ほとんど全裸なのに、 意味の分からないものだけ着けている格好なのです。例えば全裸に靴下とか、全裸に腹巻きとか、 全裸に鉢巻きと軍手とトランクスと靴下と婦人用サンダルとメガネ、といった格好です。 全裸に付けているオプションの意味が全くわかりませんからね。わからない故に変態なのです。
つまりプーは真性の変態ということがわかります。世界最高峰のNEETなうえに超絶変態。もう放送禁止にしたほうがいいですよ、この熊は。

さらにプーやラックマが気に入らないのは、熊のくせに妙に可愛らしく描かれているところ。
当然ながら、熊はこんなに可愛い動物ではありませんよ。僕は去年、 北海道の登別クマ牧場に行ってきましたけど、怖かったです、熊。臭いしさ。
熊についての資料の展示もあったんですが、北海道開拓時代は、熊による被害も尋常じゃなかったみたいですよ。村を一晩で全滅させたり、 妊婦の腹を爪で切り裂いて胎児を貪り食ったり、もうやりたい放題ですよ、熊は。
でもね、熊も生きるために必死なんですよ!それに対して、森の中でハチミツを舐めまくっているプーは異常です。 自然の理を気持ち良いぐらいに無視しています。
どうです?苦魔プーを嫌いになってきたでしょ?

もっと熊を嫌いになりたい人には、 銀牙〜流れ星 銀〜 』 という漫画をオススメします。この漫画、けっこう前に少年ジャンプで連載されていたもので、 知っている方も多いと思うんですが、とにかく熊がやばい。「ファボォォォォッ」とか言ってますからね。 ストーリーを一言で説明してしまえば、「凶悪巨大熊を犬たちが協力して倒す」お話です。 巨大熊の爪の一振りで犬が数十匹吹っ飛んで即死するシーンは必見です。もちろん古き良きジャンプ漫画なので、「努力・友情・勝利」 も満載ですよ。

ところで、「Winnie the Pooh」の「Winnie」ってなんですか? 結構前から気になっていたんですが、誰に聞いてもまともな答えを得られません。「プーさんの字(あざな)だよ」 とか言ってる奴もいました。中国人かよ、プーは!

いま辞書で調べてみたところ、「Winnie」の意味はいまいちはっきりしないのですが、 「Winnie the Pooh」というフレーズは「トイレ」の隠語として用いられるそうです。
なんか意味深ですね…。ディズニーヲタの人、プーヲタの人、英語ヲタの人、情報求む!

2005年07月19日

台湾と台風

なんか暇だし眠くもないから連続更新。

昨日は台湾がすごいことになってましたね。
台風の円が台湾を完全に覆っていたので、ニュース見ながら吹き出してしまいました。

続いて台湾の映像が流れてたけど、なんか火星人が攻めてきた後みたいになってました。
街灯がへし折れて電線を切断してたり、その影響で140万世帯が停電したり、馬鹿でかい看板が乗用車に突き刺さってたり、 街が川になってたりしてた。台風ってこんなにワイルドだったっけ?
僕、去年の夏に北海道行ったときに台風の直撃を満喫したんですけど、札幌のでかい交差点のど真ん中に大木が倒れてたり、 車のショールームのガラスが全部割れてたりで、かなりビックリしたんですが、どうやら台湾はその比では無いようです。今回の台風が凄いのか、 台湾の工事が手抜きすぎるのかは分かりませんが。

九月にでも台湾行こうと思ってるので、不安になって台湾人の友人にメールしてみたんですが、 なんか九月が一番台風がひどい時期らしいです。街でボートに乗れるらしい。やったっ!

しかしね、台湾(台北しか行ったことないけど)ってもともと結構不衛生なところなのに、 さらに川の氾濫とかで街が水浸しになってしまったら、とんでもないことになるんじゃないんだろうか。この時期の温度と湿度だと、 疫病とか発生する気がするんですが、どうなんですかね、TAIWANさん。

まぁ汚らしいのが台湾のウリだと僕は思うので、あんまり気にならないですね。汚いってことは、 人間のエネルギーが多く集まってるってことなんですから。活気がある場所は汚いものなのですよ。おそらくね。

よし、中国語勉強しよっと!向こうの女の子とお話するんだ!

2005年07月19日

キボンヌキボンヌ!

マイホームがほしい!超ほしい!

昨日、メシを食いながら「劇的ビフォーアフター」 とかいう番組を見てたんですけど、これにヤラれた。
室温が常に5℃しかないという寒〜い家を、「匠」とか呼ばれてるカッコつけた人がリフォームするのです。 確かに劇的を通り越してウソくさいほどの変わりっぷりでしたね。これどっかに新築したんじゃないか、と思いました。
で、番組の最後で、依頼人が、リフォームされた我が家を見て嬉し泣きしてるのを見て、僕もマイホームがほしくなっちゃった。 マイホームを作る際に、ああだこうだと色々相談したり、想像したりするのがとっても楽しそうに感じるのです。

僕の夢としてはですね、辺鄙な田舎に、古いけど広い、 昔ながらのガッシリとしている、和風の家を構えて暮らしたいのです。でも便器は洋風がいいかな。んで、 ワンやらニャーやらを飼って、ちょっとした菜園を作ったり、 本がたくさん入る書斎で読書してみたり、涼やかな風が通る縁側でゴロゴロしながら酒呑んだりして、スローライフを満喫したいんです!あと、 できれば嫁さんもほしいな。

はっきり言ってもう都会はお腹いっぱいです。22年間も東京というメガロポリスに住んでるとね、街を歩いてるだけでイライラします。
僕は基本的に、知らない人は全員悪人だと思ってて敵意をむき出しにしてしまうんで、本当に都会はやばい。 人ごみとか行くと神経がすり減ってしょうがない。
都会でしかできないような遊びもだいたいやったし、もう未練は無いかな、と。

思うに、やっぱり土地の人口と、 食物のおいしさってキレイに反比例するんですよ。北海道の野菜っておかしいぐらい味が違いましたよ、こっちとは。
そうだ、人間がこの宇宙船地球号のかけがえのないエネルギーを食い荒らしてるんだ!だから人口が多いと野菜やら肉やらがまずくなるんだ! みんな、今すぐ死ね、とまでは言わないからせめてエネルギーの無駄遣いをやめてくれ! クーラーギンギンの部屋でこれを書いている僕からのお願いだ!

真面目な話ね、田舎で暮らすことのデメリットって、 もはやほとんど無い気がします。交通網も整備されてきてるし、買い物とかはパソコンがあれば問題ないしさ。 だって最近はレンタルビデオでさえ出前してくれるんですよ?NEETを奨励してるようにしか思えないサービスです。
さすがに、電気通ってないっていうレベルの田舎はちょっと勘弁ですけど、「秘境」とか 「孤島」じゃなくて、「田舎」って呼ばれる程度の土地なら、なに
も不便は無いですよ!多分…。だって僕田舎に住んだこと無いんだもん…。
まぁ住めば宮古島って言うし、僕の田舎でのスローライフは快適なものにちがいありません。うん、絶対そう。


でもね。

現時点の僕の人生設計だと、マイホームなんて一生買えないんですよね…。 どう計算してもそんなお金は出てこないんです。お金持ちのご令嬢をたぶらかすしかないですね、こりゃ。 しかし最近の女の子はリアリストだからなぁ…。

だいたいね、以前にね、建築家になるっ! って言ってた友達がいましてね、僕はタダでマイホームを建ててもらうっていう約束を取り付けておいたんですよ。 それで僕は安心しましてね、最悪でも家は確保できるや、ってことで貧乏学者への道をまい進してたら、ひさしぶりに会った彼女、 なんか就職してました。建築家はやめた☆とか言っちゃってね。この野郎、俺の家を返しやがれ!

まぁ、この件に関しては、 約束を文書にしておかなかった僕にも落ち度がありますのでこれぐらいにしときましょう。

今、僕、本当にマイホームをキボンヌしてるので、 協力してくれる人はコメントください! 現金でも土地の権利書でも株券でも美術品でも、 金目のものならなんでも募集中だよ!あと、僕と田舎に家を構えてくれる世間知らずのご令嬢も募集中です! これが最後のチャンスですよ!

2005年07月18日

アンニョンハセヨン!

そういえばコンビーフレシピを更新するのを忘れていました!

てか、何個か新作があったんだけど、ほとんど忘れちゃった…。
唯一覚えてるのがこれ、『ヨンビーフ』です。

『ヨンビーフ』
コンビーフに卵の黄身と胡麻油を混ぜて、ユッケ風にします。それを韓国海苔で包んで食べます。
韓国海苔にはしっかり塩味が付いていますが、味が薄いと思う人は、ユッケにする時に醤油か出汁を混ぜてください。

以上です。これけっこうおいしいですよ。最近僕の味覚は周囲の人に否定されまくってますけど。
このユッケをご飯に乗せてもおいしかったです。ということで、7.5点とします。

2005年07月17日

夏休みだよ エバえもん

今日から夏休みです。まだ補講とかがちょっと残ってるけどね。
ここんとこ日記も滞ってましたけど、これからはバリバリ書くぞ。

さて、実は、夏休みを無為に過ごすことにかけてもワールドクラスの力を誇る僕。夏休み無為オリンピックがあったとしたら、 「最高でも金、最低でも金」というレベルの無為っぷりです。なんせ22年間の実績があるからね。 いまだかつて、充実した夏休みというものを送った試しが無いのです。

そんな自分とサヨナラするために、今年はとりあえず勉強の予定をいろいろと入れています。期日とか責任とかに追われないと、 僕はしっかり勉強できないんですよ。

まず、週一回の今までの勉強会に加えて、もう一つ勉強会に入りました。新しい方の勉強会は、学生有志に加えて先生も参加しているので、 厳密な勉強ができることでしょう。さらに、他大学の女子学生も参加してるので、新たな出会いがあるかもしれません。

「はじめまして、 今回からこの勉強会に参加させていただくEBAと申します。まだまだ未熟なところもあるかと思いますが、頑張るのでよろしくお願いします。」

「好きです。抱いてください。」

「Of course!」

って感じかも!なんかどっかで見たような会話ですが。

さらに、とオンライン勉強会をやってみることにしました。
なにがオンラインかっていうとですね、共有するブログ上に担当範囲のレジュメを交互に投稿して、それに批評を加えていく、 というやり方がとってもオンラインなんです。こんな方法の勉強会というのは聞いたことがありませんけど、なんか面白いじゃないですか、 時代の最先端技術を使って2000年ちかく前の経典の勉強会をしていく、ってのがさ。

現実問題、アーバンライフを満喫している僕に対して、彼はどっかの県に住み着いてる田舎者なんで、 会って勉強会するとなるとお互いにけっこう大変なんです。それを解決してくれるのがブログというわけ。てことで、 昨日早速新しいブログを作りました。

あとは、専修(ゼミみたいなもん)の夏合宿の準備が必要です。
ゼミの夏合宿、というとテニスして酒呑んで終わり、というような印象がありますけど、東洋哲学専修はそんなに甘くない。
軽井沢の浅間山を望む合宿所にて、まぁ平たく言えば勉強するんですよ。勉強。討論会とかね。 夜の飲み会ですら教授の講義みたいになってるんですよ。高原のペンション、夏の夜、 お酒を飲みながらほろ酔い気分になってきた若い男女が集まって、イラク戦争の根本的な問題点、 みたいなお話を聞かされるんです。おかしいだろ、明らかに。まぁ一種の宗教的な通過儀礼なのでしょう、これは。

で、夏合宿で行われる討論会の課題図書を読まなきゃいけないんですよ。それがほんとに苦しいんです。
なんか昔の偉い先生の本なんだけど、
「…それはseelischなものとしてよりもgeistigな意味に於てであつたらうと推せられる」
とか書いちゃってあるんです。旧字体+旧仮名遣い+ドイツ語という、僕たちが日本語と呼ぶにはいささか抵抗がある言語で記述されています。 この非国民め。

しかもこの本、1948年に出版されたもので、当然すでに絶版になってるらしいんですわ。大学中の図書館を捜しても4冊しか無い。 これでは4人しか合宿に参加できないではありませんか!
なんでこんな本を課題図書に指定したのか、全くもって意味がわからんちん!

まぁとにかく今日から夏休みです。背水の陣で臨むぞ。

2005年07月15日

バカだから風邪ひいたよ

いや〜、期末試験ももうすぐ終わりです。後は消化試合的なテストを残すのみ。

昨日は風邪をひいてしまいましてね、もう酷い有様でした。授業中も勉強会中もテスト中もずっとずっと鼻かみ続けてました。モチ&ロン、 下痢もしたよ!まぁ下痢は風邪とは関係なくて、古い温泉卵のせいだと思うんですが、とにかく、体の上から下から湧き水が止まりませんでした。 クシャミもしまくるし、授業妨害を通り越してあれはもう一種のテロでしたよ、テロ。僕の使用済みティッシュがまるで城のように雄大に、 机にそびえたっていましたからね。テストの時に隣に座ってたカワイコちゃんがマジで嫌そうな顔してましたよ。ゲへへへ。鼻水つけちゃうぞ〜!

でも家帰ってオクラとヤマイモを食べて寝たらすぐ治りました。ネバネバパワーは効くね。

さて、僕は文学部の学生なんで、当然そのテストも文章を書かせるものが多いんです。てかそれ以外の表現方法がありません。
で、答案書いてるときに思ったんですけど、前より全然ラクです。文章を書くのが。脳ミソひねらなくても淀みなくペンが動くし、 あんまり意識しなくても明快な文章が書けてる。と自分では思う。
これもこのブログのおかげですよ。ほとんど毎日文章を書くってのはすごくクオリティの高い訓練になると思います。みんなも始めようぜ、 ブログ!

あ、あとクーラーって、冷房よりドライの方が電気代かかるらしいですよ。なんでも、ドライは湿度を低くするために、 冷房と暖房をチョコチョコと切り替えるかららしいです。僕初めて知った。ずっと誤解してた。みなさんはどうですか?

2005年07月14日

インストール

なんかスペースシャトルの打ち上げが延期されたらしいですね。
そもそも僕、打ち上げが延期されるまで打ち上げのことを知らなかったんですけど、まぁシャトルが爆発炎上するよりかは延期の方がマシかな、 と思います。爆発炎上も見たいんですけどね。なんせ、前回(だっけ?) のシャトルが打ち上げ直後に爆発して乗組員が全員死んだときの映像はすごい迫力でしたから。人命、巨額の費用、国家の威信、人々の期待、 科学の進歩、などなど、それら全てが一瞬でパァになるなんて、これほど豪勢な花火はありませんよ。

まぁシャトル打ち上げ延期ということで、朝のニュースでも、「人類の宇宙への歩み」 みたいな特集をやってたんですけど、それを見てたらふと思い出したことがありました。

ジョジョの奇妙な冒険という漫画で、敵役の男が興味深いことを言っていたんです。 ちょっと引用してみましょう。

1969年7月
アポロ11号のアームストロングが人類初めて月面に立った歴史的事件…
オレは今までそれのどこが偉いのかさっぱりわからなかった
なぜならロケットってのは科学者とか技術者が飛ばすものだろう?
サルだって行けるわけだからな (ゴゴゴゴゴゴゴ…)

だがオレはあそこにいる「ロッズ」 たちを初めて見れたとき…
その意味がわかったんだ…

月面に立ったのは人間の「精神」なんだってなッ!
人間はあの時地球を越えて成長したんだッ!

価値のあるものは「精神の成長」なんだッ!

ちなみに、「ロッズ」というのは、空中を超高速で飛び回ってる謎の生物のことです。一時期、はやってませんでした?
まぁ今はこのロッズはどうでもいいんです。

さて、みなさんこの男の言ってることをどう思います?
僕はかなり納得してしまったんですよ。僕も「法隆寺を建立したのはだれ?」 と質問されたら「大工さんに決まってんだろ」と答えるような子供でしたから。

「月面に立つ」という行為、これが人類にとってなんの役に立つのか全く理解できないし、 そもそも現実感が無いので、すごいことだとは僕も思っていなかった。

でもね、役に立つとか立たないとか、そういう問題では無いんですね。
言葉でうまく表現できないんですけど、人間の認識の限界を突破するというか、想像すらできなかったことを実現してしまうというか、 そういうことには理屈抜きの価値があると思うんです。

宇宙から地球を見下ろすと人生観が変わる、という宇宙飛行士の話を、なにかの本で読んだことがありますけど、 これも精神の成長の一種なんでしょう。その光景を見てしまうと、世界が今までと同じには見えなくなってしまうんでしょうね。 死ぬ前に一度体験してみたい。
ほら、シャア様とかも言ってるじゃないですか、「地球の重力に魂を縛られた者たちよ」なんてさ。 シャアも僕たちに「精神の成長」をうながしていたのです。ジーク・ジオン!

思うに、この「精神の成長」というものは宇宙飛行なんかに限らず、 僕たちの身の回りにもたくさん機会があるのです。成長の程度・規模の大小はありますけれど。

例えば、先人の思想を学ぶこともそうです。外国に行ってみるのもそうです。新しい恋人と付き合ってみるのもそうです。 ただただダラダラしているのもそうかもしれません。要は新しい世界観をインストールするってこと。
この世界を自分はどのように認識するのか、その選択肢は自分で増やすことができるのです。

そういう意味で、月面着陸という出来事は、人間の、世界に対する認識を著しく進歩させたと言えます。 なんせ月ってのは、ずーっとおとぎ話の世界でしたからね。ピーターラビットが餅つきしてるってみんな思ってましたから。その月に、 生身の人間を着陸させようと考えること自体が、人間が自らの精神的な限界を突破した証拠なわけです。マジすごい。

このご時世、だいたいの物事が、意味ある・意味ないとか、役に立つ・ 立たないという基準で判定されますけど、そこで言われてる「意味」 だとか「役に立つ」ってのは、つまるところお金だと思うんですよ。 「これをやっていれば将来お金を稼げる職業に就けるから、これは役に立つ」っていう発想。まぁこれも一つの世界観だと思います。 お金が必要なのは厳然たる事実だし。

しかしね、この世界観だけに囚われてると生きてて本当に苦しいと思うんですよ。お金の量には限りがあるのに、 人間のお金に対する欲望には限りがないんだから、もともと釣り合うはずがないですよね。全ての人が満たされることは決してないと思います。

だからこそ、新しい世界観を自分にインストールするべきだと思うんですよ。精神の成長を心がけるべきだと思うんですよ。 そうすることで、状況に応じて色々なモノの見方ができるからね。ある物事、それ自体に意味があったりなかったりするわけじゃなくて、 意味は自分で物事に付けていくべきなのです。

そういう意味で、僕が今勉強してる東洋哲学は、自分にとって本当に意味があるものだと感じられます。 どんどん新しい考え方をインストールできるから。
てか僕2時間後にテストなんで、こんな偉そうなこと書いてる場合じゃないや。サヨナラ、サヨナラ、…サヨナラッ!

2005年07月13日

MEITEN・フィーバー

や、やばい、今日だけでもう4回、昼寝してる。具体的に言うと朝寝・昼寝・夕寝・夜寝ですね。僕どうしちゃったんだろう。 ナルコレプシーになってしまったのでしょうか。


さて、おとといの日曜日、クラブに行ってきました。もう僕も3度目なんでね、最初クラブに抱いてた恐怖感はもうありません。 自分の家の一部みたいなもんですわ。今回の家は中野です。

会場に着いてみると、まさにMEITENさんのプレイが始まらんとするところ! 早速邪悪なビートが刻まれ始めます。ドゥム、ドゥム、ドゥム…

MEITENさんのウリはやはりその圧倒的なハンドスピードですが (参照:5/9クラブ潜入記)、二ヶ月前に見たときよりもさらにスピードが上がっていたのには驚きました。 前回がペガサス流星拳だとしたら今回はペガサス彗星拳なみに速かったです。そこらじゅうにかまいたちが発生しまくってましたもの。 僕もかまいたちでお尻が真っ二つに割れちゃった。へへっ。

 ↓グルーブ感溢れるDJワークを披露するMEITENさん
DJ00

普段は「全然カネがない(笑)」 とか言ってるMEITENさんですが、ひとたびDJブースに立つとやはり雰囲気がガラリと変わります。 その表情は真剣そのもの。DJってのはオーディエンスとの一期一会の知的格闘技ですからね。 MEITENさんも真剣にならざるをえない。DJにだけは嘘、つきたくないから。

 ↓鬼気迫る表情のMEITENさん
DJ02

なんかMEITENさんが紅潮してますけど、別にこれは酔っ払ってるとかいうわけじゃなくて、 後頭部のすぐ上にある裸電球が本当に熱かったかららしいです。

しかしパフォーマンス中のMEITENさんはやっぱりカッコイイ。
その姿はやっぱり腐女子たちにも大人気なようで、 もちろんMEITENさんにも大勢の女性ファンがいるのです。

 ↓ファンの女性(の一人) にも気付かないほど集中力が極限まで高まっているMEITENさん
DJ01

いいですね〜、僕もDJやりたくなってきました。
やっぱりね、悔しいけどモテると思うよ、DJってやつは。そりゃ女の子たちもDAN DAN 心魅かれてくよ。

てかね、MEITENさんの大学の友達の女の子が何人か来てたんだけど、 それがまたラベルが高かったですね。最高にかわいい子が一人いたんで、正直僕、 MEITENさんのプレイよりも、 MEITENさんのプレイをじっと見てるその女の子をじっと見ていました。ハァハァ…。

クラブ最高!DJ最高!

 

2005年07月11日

サンデーハーフナイトフィーバー

はーい、今日、てか昨日はまたまたクラブに行ってまいりましたよ。おなじみ、DJのMEITENさんが、 企画から演奏まで携わったイベントが中野 HEAVY SICK ZEROにて 開催されたのです。

さぁ、今宵はMEITENさんの紡ぐビートに酔いしれながらサンデーオールナイトフィーバーしちゃおうかな、なんて思ってたんですが、 月曜、つまり今日提出のレポートが、全然終わってない。まだ本借りてきただけという状態。
ということで、泣く泣く途中で家に帰ってきて、今までシコシコとレポートをやってました。ごめんよ、MEITEN。

で、そのレポート、「伊藤仁齋の思想形成」についてなんですけどね、正直、僕、 江戸儒学についてなんか全然知らないし、クラブ行って疲れちゃったしで、なんかすごいヤバいレポートが完成しちゃった。 超スーパーベリーやばい。略して超SVY。スヴィー。贔屓目に見ても、頭の弱い子供が書いたとしか思えないっていうレベル。 なんせレポートの七割がたが、文献からの引用ですからね。具体的に言うと、ある本Aから引用した漢文に、本Bの説明を写しただけ。 それに僕がちょこちょこと、有っても無くてもどっちでもいいような説明を加えた結果、まともなのは字数だけ、というレポートになりました。 いやぁ、これはやまだかつてないぞ。普通に徹夜の作業を予想してたのに、なんか2時間ぐらいで終わってしまいました。 ラッキーだニャン☆

さて、クラブ潜入記を書こうかな、と思ってたんですが、載せようと思ってる写真の掲載許可がまだ取れてないので、また明日にします。 MEITENさんの勇姿を楽しみにしてるみんな、ちょっと待っててね。

2005年07月09日

あいつが教えてくれたコト

世界は広い。
僕らの知らぬところで毎日毎日さまざまな珍事が起こっています。
身の回りだと、ほら、携帯電話を便器に落とした!なんて話はよく聞きますよね。よっぽどアホなんでしょうね、そういう人たちは。まともな注意力がある人なら、そんな事故はありえませんよ。本当に理解に苦しみます。

うん、僕さっき便器にケータイ落とした。ほんとびっくりしましたよ。しかも落としたのは大便器にじゃなくて小便器だからね。どうやって落とせばいいか、正直とっさにはわからない。

女性の方はピンとこないかもしれませんけど、手荷物を持ったままオシッコするのって、案外難しいんですよ。ムスコを支える手が荷物の重みで動いたりなんかすると、最悪、自分の持ってる荷物に黄金水をぶちまけてしまいますからね。しかも一回出始めた黄金水は急には止まれないのです。
「飛び出すな 尿は急には止まれない」ていうスローガンもありましたよね。

とにかく、男が快適に小用を足す場合には、手荷物をどっかに置かなければいけないわけです。で、僕は小便器の上にある棚みたいなとこに、荷物を置いたんですよ。

そしたら小便終わった瞬間にそれが転げ落ちてきやがった。さらに、カバンの中に入ってたケータイが小便器にドンピシャリ。あ、これがF=mgか!重力って怖い。

しかし、不幸中の幸いというか、小便器の中には別に水が溜まってるというわけではありませんので、ケータイは水、てか僕の黄金水に濡れた程度でした。よかった、水没は免れたようです。ちょっと汚いけど後でファブリーズすりゃいっか。

ホッと一息ついて、ケータイを便器から回収しようと屈んだ瞬間。
すごい勢いで便器の洗浄が始まり、MYケータイは完全に水没いたしました…。
なにこれ?なにが起こったの?僕わかんないよ!

実はですね、この小便器、自動で水を流してくれるんですね。胸ぐらいの高さにセンサーがありまして、便器から立ち去ると水が流れるようになっていやがるのです。僕がケータイを拾おうと屈んだことで、便器は僕が立ち去ったのだと誤解してしまったのですね。ぶっ殺すぞ、このド低脳便器が!

だいたいね、水なんて自動にしなくても自分で流せるっての!最悪、流さなくたっていいだろうが!小さいほうならよ。いくら清潔ブームだからってな、俺のケータイまで洗浄してくれなくていいんだよ!余計なお世話だわ正直!

さて、完全に溺死したかに思われた僕のケータイ、穴という穴を入念に乾燥させたところ、大部分の機能が回復しました。よかいちよかいち。
ただ、背面のディスプレイの調子がおかしいんですよね。付いたり付かなかったりで。ドライヤーで暖めてみたところ、なんとディスプレイの内側から結露するという異常事態が。まぁ普通に使えるからいいや。

今回の事件、全ては頼みもしないのに勝手に水を流す便器のせいで起こりました。しかしこれは、便器の水を自分の手で流すことすら面倒くさがる、そんな傲慢な人類に与えられた、機械からの警告だったんじゃないか、そう僕は思うのです…。
小便器が洗浄してくれたのは僕のケータイだけじゃなくて、僕のこの、機械に頼りきっている弱い心だったのかもしれませんね。

2005年07月08日

更新情報

あまりにもコメントが見づらかったので、少しいじりました。
これでだいぶマシになったはず!

2005年07月07日

今日できない奴は明日もできない

毎日毎日すっごい忙しい!ような気がします。実際のところ、無駄な時間を削ればもっと時間を節約できる気もするんですけどね。でもやっぱり帰宅後の2ちゃんねるはやめられませんよね〜。みんなもそうでしょ?だよなぁ!

ここ何日かは、思い込みの忙しさを言い訳にいろいろな家事をサボっている僕。
服はそこらへんにダイナミックに脱ぎ捨ててますし、布団は敷きっぱなすこと山の如しですよ。洗いものなんかね、もう3、4日してない。めんどくさいのだもの。正確に言うと、やり始めるのがめんどくさい。やり始めちゃえば、2分ぐらいで終わるんですよね、洗いものなんてさ。でもね、そのやり始める初速度を得るのが難しいのさ。最大静止摩擦力が大きい感じですよ。動き出しちゃえば楽なんですけどね。なにごとも。

ということで、最近は、いらない厚紙とかアルミホイルに作ったメシをのっけて食べています。食べ終わったらそのままゴミ箱にポイ!こりゃ楽だワン!インドアなのにアウトドアな雰囲気も味わえちゃうゾ!

しかし僕ね、そうやって荒れ果ててる部屋を見て、さらにやる気をなくしちゃうんですねぇ。「部屋も散らかってるし、こんな環境じゃ効率の良い勉強はできないな。これは環境の整備が急務だ。よし、明日朝一番で掃除しようっと!それじゃ今日はおやすみ!ムニャ&ムニャ」
なんて言っちゃってね。しかもこれが何日も何日もエンドレスで繰り返されるんですよ?自慢じゃないですけど、自分への言い訳ワールドカップがあったら、僕ベスト4までには絶対勝ち残ると思う。ワールドクラスの言い訳ですよ。

でも僕はここで宣言させてもらうよ。
今回は試験とレポートをしっかりこなして、気持ちよく夏休みを迎えるぞ、と。

しっかりと日常を生きていないと、長期休暇みたいな非日常は楽しく過ごせないのです。ONとOFFのメリハリが大事だということですね。日常があるからこそ非日常が活きるのです。22年間を棒に振って、最近やっと気付きましたよ。
勉強頑張るぞ!

さて、今日はちょっと疲れちゃったから、2ちゃんねるしたら寝るか…。
明日からは、勉強頑張るぞ!

2005年07月06日

更新情報

リンク『まるがりバンビ』を追加しました。
また、日記以外の更新情報をメニュー『更新履歴』にまとめました。

2005年07月06日

弁護士鏖(ミナゴロシ)

今日もお酒を呑んできましたよ。
金沢に転勤する友人の送別会、ってことで、仲のいい友人3人で、別れの杯を酌み交わしてまいりました。

酒呑みながら話してて思ったんですけど、どうもね、僕はうまく会話ができなくなってしまったようなんです。
現在は法科大学院に在籍中の弁護士志望の男と、法律うんぬんについて話したんですけどね、 なんか会話がスムーズに流れないんですよ。

別に仲が悪いから、とか気まずいから、とかじゃなくて、僕が彼の話す内容にいちいち突っかかってしまうんですね。
僕が気になってしまうのは、彼の言う、「社会的正義」だとか「当然取るべき行動」 とかそういうフレーズなんですよ。

こういうフレーズを聞いてしまうと反射的に僕は、「お前の言う正義ってのは、なにを以って正しい義だと言っているんだよ!?」 とか「当然取るべき、ってのはどういう価値判断の結果に、べきって言ってるんだよ!?ア゛ァ!?」 な〜んて言って、893ばりにタチの悪い言いがかりをつけてしまうんです。

こう毎日のように中国思想の講義を聞いてると、どうしても『義』だとか『当然 (然るべき)』という漢字に敏感にならざるをえなくて、その結果僕は、 曖昧な認識でこの言葉が気軽に使われるのが許せなくなってしまったようです。やべーな、気持ち悪いですね、僕。

それに加えて、僕は弁護士っていう職業にあまり良いイメージがなくてですね、 てかむしろ嫌いな職業の一つなんで、それも彼に突っかかる原因の一つなんだと思います。どうもね、 弁護士って不当に多い収入を得ている気がしてならないのですよ。
クソの役にも立たない法律の理論を、パン屋さんみたいにコネコネコネコネこねくりまわしてね、無知な人々の弱みにつけこんだり、 金持ちと結託したりして、荒稼ぎしてるに違いないんです!言うなれば、法律という道具をちらつかせて金をかすめとる泥棒ですよ。 さらに言えば、法知識という羽を使ってこの浮世をブンブンブンブン飛び回るゴキブリみたいなもんですよ。鬼畜にも劣る所業です。 情状酌量の余地があろうはずもない。判決!懲役100億万年!ガシャーン!

まぁ、このイメージは全部、僕の無知と妄想と嫉妬の産物なんですけどね。なんか弁護士ってお金持ちそうじゃないですか。 うらやましいんです、僕。僕にもお金くださいよ。ワンワン。

こんな事書いてるんですけどね、なんだかんだで、今日彼と話したおかげで、弁護士に対する僕の歪んだ見方が少し矯正されました。 有意義な時間でした。時間ができたら今度はゆっくり呑もう。
あ、あと弁護士になったら、社会的弱者から巻き上げたお金で酒をオゴってワン!

 

2005年07月05日

台湾へ行きタイワン☆

土・日と用事が大量にあったので、日記の更新も含めていろいろなことが滞ってしまいました。ごめんなさい。

最高に滞ってるのが、洗濯。洗濯する時間があるような時に限って雨降りなんですよ。なんなんですか?最近全然洗濯ができないんですけど。正直なところ、僕ね、もう着る服がないんですよ。で、あぁ、明日は学校になに着てこう…。な〜んて心配してたら、今日は超寝坊してしまったので学校には行けませんでした。グッドタイミング♪

まぁね、超寝坊してしまう、それほどまでに、この土日は修羅場だったんです。東京中を飛び回っちゃいましたよ。

まず土曜は、朝からバイト、それから例のドイツ語の授業に出席、積極的に訳を発表して先生に媚びをうりまくった後、とダラダラしながらタバコを吸い、家で日記を書いたのち、ひさしぶりに実家に帰ってみると親にありがたいお説教をされるも、それを華麗に馬耳東風してゲイイチさんの家にて高校のプチ同窓会をしました。血税大吟醸、本当においしかった。

楽しく同窓会♪の図 ↓

V6010002.JPG

日曜はゲイイチ宅からまたもや朝バイトに出勤。昼からは大学の友人たちとスシパーティ、21時すぎまで会場の高級マンションに居座り、その後、雨でビチョビチョになりつつも、あきと餃子食ったりマンゴージュース飲んだりして、結局25時ぐらいに帰宅しました。ぺ・ヨンジュンもびっくりの忙しさですわ。ヨンヨン!

もうね、最後の方は疲れすぎて疲れを感じなかったです。痛みを感じないゾンビみたいな感じ。
二日も家を空けてしまうと2ちゃんねるの巡回も溜まってしまうので、ずぶ濡れで帰宅後すぐにネットサーフィンしたんですけど、途中で気絶しました。いいかげんHPが尽きたみたいです。2ちゃんねる中に気絶ってのは初体験ですね。

まぁとにかく、今までのツケを清算するかの如く、変態的に忙しいんですよ、最近。
バイトもね、期末テスト前ということで水木金土日月火水木金と10日連続試合中。メジャーリーグ並の過密日程です。もう靭帯断裂しそう。あの物分かりの悪い、てか物分かろうとしない、例の生徒に最近は殺意すら覚えてしまいます。

大学の方はね、金曜の授業での発表の準備しなきゃいけないし、来週は月曜までにレポート書かなきゃいけないし、火水木金土は学期末テストがあるしで、もう台湾にでも逃げ出したくなるようなスケジュールあるよ。

とか書いてたら、ホントに台湾行く事になりました。たぶん九月。今から準備を始めよっと♪


まぁ台湾のことは置いといてですね、忙しさの理由はもう一つありましてね、それはやっぱり遊びの多さなんです。
僕はね、誘われたら断れない子なんですよ。別に誘えばすぐ股を開くとかじゃないですよ?遊びのお誘いを断るのが本当にイヤなんです。
普通に考えて、おかしいじゃないですか。土曜に徹夜で飲み会、さらに日曜は昼から飲み会、っていう予定の組み方は。

でもね、断りたくないんです。いつでも遊べる男でいたいんですよ、ぼかぁね。

あとね、忙しい忙しいな〜んて言ってるうちが、人間、華だと思うんです。あきも日記にこんなこと書いてましたけど。

僕は全く忙しくない一年を既に体験したことがあるので、切に感じるんですが、ヒマって本当に危険ですよ。精神的に地獄すぎました。
家からは極力出ないで2ちゃんねる。来る日も来る日も三大欲求を満たすだけの生活ですよ。おれはここで何してんだろ、みんなは楽しくやってんだろうなぁ…、と、考えることは暗いことばかり。考え事する時間は腐るほどある、てか実際時間が腐って腐臭を放ってるんで、思考のデフレスパイラルに陥りまくります。道を歩いてる人全員に、僕の生きられる時間を無料配布したい、とか本気で考えてましたからね。自殺するとなんだかんだで色々な人に迷惑をかけてしまうので、消えたいと思っていました。僕なんていなかったことにしてほしかったんです。

いや〜、当時の状況を文字化すると、本当に狂ってたのがリアルに伝わってきますね。ヒマだとこんなになっちゃうんですよ?忙しいって素晴らしい。

2005年07月02日

PEPSI Xという飲み物が発売されました。

世界のPEPSIが自信を持って皆様にお送りする、PEPSIシリーズ最新作です。
PEPSIはすごいよ、なんてったってあのシャラポワ様をCMに起用するぐらいだからね! シャラポワがダイエットペプシツイストなんか飲んでるわけねーのにさ。 まぁシャラポワは可愛いんだけど肩幅が異常に広いしボールを打つたびに奇声をあげたりするから正直怖いとかそんなことはどうでもいいんですけど、 このPEPSI X、まじで旨い。超旨い。

僕はコンビニで偶然このPEPSI Xを発見したんですけど、そのパッケージを見た瞬間に魅かれてしまいました。
他の何色にも染まることがない、誇り高き色である黒をメインに使用したラベル、中央に大胆にあしらわれた 『』の文字。そしてなぜか赤黒い中身…。(PEPSI Xのオフィシャルページ
これはさすがの僕も買わずにはいられない。なんせ僕はMFD(モースト・フェーバリット・ドリンク) がドクターペッパーライフガードという、 筋金入りのジャンクドリンク愛好家ですからね。

早速飲んでみたところ、これが期待通りのお味でした。強烈な炭酸と、なにがなにやら分からない、 いかにも人体に有害そうな複雑玄妙な味!かーっ、旨い!もう一本!

僕ほんとに好きなんですよ、こういう不自然な味の炭酸飲料が。薬品炭酸系とでも言えばいいのかな、 ドクトルペッパーやらライフガードやら今は亡きペプシブルーやらキリンメッツガラナやらデカビタCやらドデカミンといったやつです。 台湾のコンビニに売ってた、ドクターペッパーに漢方薬を混ぜたようなやつも破壊的に美味しかったですね。 本気で台湾に永住したくなりました。

はっきり言ってね、コカ・ コーラとか三ツ矢サイダーなんかを飲んで喜んでるような奴はまだまだガキですよ。 まだ毛も生えそろってないようなガキです。あんな単調で薄っぺらい味の何がいいんですか?あれはね、二酸化炭素と砂糖と水を混ぜただけです。 そんなもんばっかり飲んでるから、他人の意見にすぐ左右されるような薄っぺらい人格をもった人間になってしまうんですよ。 No Reason、コカ・コーラ!なんて言ってる場合じゃありません。あぁ、嘆かわしい。

男なら黙ってペッパー先生だろ?ドデカミンだろ? そしてPEPSI Xだろ!?

さて、そのPEPSI X、味もパッケージも最高なんですが、またこのネーミングがいいんですよ。 名付け親は本当の天才だと思います。
なんか『X』ってカッコいいじゃないですか。不思議な感じがして憧れちゃうじゃないですか! X−JAPANとか、PSXとか、 Mac OSXとか、マークX(トヨタの車ね)とか、 アバンストラッシュX(クロス)とか、あとSEXとか(笑)。

(笑)じゃねーよ、って感じですけど、Xというアルファベットはそれほど魅力的なのです。このブログも GIANT CAPURICCIO Xにしようかと本気で検討中。

 

 

てか今辞書で調べてみたら、Xって女性器って意味があるんですね…。SEXってのも案外的外れではないのかもしれません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。