2005年07月06日

更新情報

リンク『まるがりバンビ』を追加しました。
また、日記以外の更新情報をメニュー『更新履歴』にまとめました。

2005年07月06日

弁護士鏖(ミナゴロシ)

今日もお酒を呑んできましたよ。
金沢に転勤する友人の送別会、ってことで、仲のいい友人3人で、別れの杯を酌み交わしてまいりました。

酒呑みながら話してて思ったんですけど、どうもね、僕はうまく会話ができなくなってしまったようなんです。
現在は法科大学院に在籍中の弁護士志望の男と、法律うんぬんについて話したんですけどね、 なんか会話がスムーズに流れないんですよ。

別に仲が悪いから、とか気まずいから、とかじゃなくて、僕が彼の話す内容にいちいち突っかかってしまうんですね。
僕が気になってしまうのは、彼の言う、「社会的正義」だとか「当然取るべき行動」 とかそういうフレーズなんですよ。

こういうフレーズを聞いてしまうと反射的に僕は、「お前の言う正義ってのは、なにを以って正しい義だと言っているんだよ!?」 とか「当然取るべき、ってのはどういう価値判断の結果に、べきって言ってるんだよ!?ア゛ァ!?」 な〜んて言って、893ばりにタチの悪い言いがかりをつけてしまうんです。

こう毎日のように中国思想の講義を聞いてると、どうしても『義』だとか『当然 (然るべき)』という漢字に敏感にならざるをえなくて、その結果僕は、 曖昧な認識でこの言葉が気軽に使われるのが許せなくなってしまったようです。やべーな、気持ち悪いですね、僕。

それに加えて、僕は弁護士っていう職業にあまり良いイメージがなくてですね、 てかむしろ嫌いな職業の一つなんで、それも彼に突っかかる原因の一つなんだと思います。どうもね、 弁護士って不当に多い収入を得ている気がしてならないのですよ。
クソの役にも立たない法律の理論を、パン屋さんみたいにコネコネコネコネこねくりまわしてね、無知な人々の弱みにつけこんだり、 金持ちと結託したりして、荒稼ぎしてるに違いないんです!言うなれば、法律という道具をちらつかせて金をかすめとる泥棒ですよ。 さらに言えば、法知識という羽を使ってこの浮世をブンブンブンブン飛び回るゴキブリみたいなもんですよ。鬼畜にも劣る所業です。 情状酌量の余地があろうはずもない。判決!懲役100億万年!ガシャーン!

まぁ、このイメージは全部、僕の無知と妄想と嫉妬の産物なんですけどね。なんか弁護士ってお金持ちそうじゃないですか。 うらやましいんです、僕。僕にもお金くださいよ。ワンワン。

こんな事書いてるんですけどね、なんだかんだで、今日彼と話したおかげで、弁護士に対する僕の歪んだ見方が少し矯正されました。 有意義な時間でした。時間ができたら今度はゆっくり呑もう。
あ、あと弁護士になったら、社会的弱者から巻き上げたお金で酒をオゴってワン!

 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。