2005年07月09日

あいつが教えてくれたコト

世界は広い。
僕らの知らぬところで毎日毎日さまざまな珍事が起こっています。
身の回りだと、ほら、携帯電話を便器に落とした!なんて話はよく聞きますよね。よっぽどアホなんでしょうね、そういう人たちは。まともな注意力がある人なら、そんな事故はありえませんよ。本当に理解に苦しみます。

うん、僕さっき便器にケータイ落とした。ほんとびっくりしましたよ。しかも落としたのは大便器にじゃなくて小便器だからね。どうやって落とせばいいか、正直とっさにはわからない。

女性の方はピンとこないかもしれませんけど、手荷物を持ったままオシッコするのって、案外難しいんですよ。ムスコを支える手が荷物の重みで動いたりなんかすると、最悪、自分の持ってる荷物に黄金水をぶちまけてしまいますからね。しかも一回出始めた黄金水は急には止まれないのです。
「飛び出すな 尿は急には止まれない」ていうスローガンもありましたよね。

とにかく、男が快適に小用を足す場合には、手荷物をどっかに置かなければいけないわけです。で、僕は小便器の上にある棚みたいなとこに、荷物を置いたんですよ。

そしたら小便終わった瞬間にそれが転げ落ちてきやがった。さらに、カバンの中に入ってたケータイが小便器にドンピシャリ。あ、これがF=mgか!重力って怖い。

しかし、不幸中の幸いというか、小便器の中には別に水が溜まってるというわけではありませんので、ケータイは水、てか僕の黄金水に濡れた程度でした。よかった、水没は免れたようです。ちょっと汚いけど後でファブリーズすりゃいっか。

ホッと一息ついて、ケータイを便器から回収しようと屈んだ瞬間。
すごい勢いで便器の洗浄が始まり、MYケータイは完全に水没いたしました…。
なにこれ?なにが起こったの?僕わかんないよ!

実はですね、この小便器、自動で水を流してくれるんですね。胸ぐらいの高さにセンサーがありまして、便器から立ち去ると水が流れるようになっていやがるのです。僕がケータイを拾おうと屈んだことで、便器は僕が立ち去ったのだと誤解してしまったのですね。ぶっ殺すぞ、このド低脳便器が!

だいたいね、水なんて自動にしなくても自分で流せるっての!最悪、流さなくたっていいだろうが!小さいほうならよ。いくら清潔ブームだからってな、俺のケータイまで洗浄してくれなくていいんだよ!余計なお世話だわ正直!

さて、完全に溺死したかに思われた僕のケータイ、穴という穴を入念に乾燥させたところ、大部分の機能が回復しました。よかいちよかいち。
ただ、背面のディスプレイの調子がおかしいんですよね。付いたり付かなかったりで。ドライヤーで暖めてみたところ、なんとディスプレイの内側から結露するという異常事態が。まぁ普通に使えるからいいや。

今回の事件、全ては頼みもしないのに勝手に水を流す便器のせいで起こりました。しかしこれは、便器の水を自分の手で流すことすら面倒くさがる、そんな傲慢な人類に与えられた、機械からの警告だったんじゃないか、そう僕は思うのです…。
小便器が洗浄してくれたのは僕のケータイだけじゃなくて、僕のこの、機械に頼りきっている弱い心だったのかもしれませんね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。