2005年07月14日

インストール

なんかスペースシャトルの打ち上げが延期されたらしいですね。
そもそも僕、打ち上げが延期されるまで打ち上げのことを知らなかったんですけど、まぁシャトルが爆発炎上するよりかは延期の方がマシかな、 と思います。爆発炎上も見たいんですけどね。なんせ、前回(だっけ?) のシャトルが打ち上げ直後に爆発して乗組員が全員死んだときの映像はすごい迫力でしたから。人命、巨額の費用、国家の威信、人々の期待、 科学の進歩、などなど、それら全てが一瞬でパァになるなんて、これほど豪勢な花火はありませんよ。

まぁシャトル打ち上げ延期ということで、朝のニュースでも、「人類の宇宙への歩み」 みたいな特集をやってたんですけど、それを見てたらふと思い出したことがありました。

ジョジョの奇妙な冒険という漫画で、敵役の男が興味深いことを言っていたんです。 ちょっと引用してみましょう。

1969年7月
アポロ11号のアームストロングが人類初めて月面に立った歴史的事件…
オレは今までそれのどこが偉いのかさっぱりわからなかった
なぜならロケットってのは科学者とか技術者が飛ばすものだろう?
サルだって行けるわけだからな (ゴゴゴゴゴゴゴ…)

だがオレはあそこにいる「ロッズ」 たちを初めて見れたとき…
その意味がわかったんだ…

月面に立ったのは人間の「精神」なんだってなッ!
人間はあの時地球を越えて成長したんだッ!

価値のあるものは「精神の成長」なんだッ!

ちなみに、「ロッズ」というのは、空中を超高速で飛び回ってる謎の生物のことです。一時期、はやってませんでした?
まぁ今はこのロッズはどうでもいいんです。

さて、みなさんこの男の言ってることをどう思います?
僕はかなり納得してしまったんですよ。僕も「法隆寺を建立したのはだれ?」 と質問されたら「大工さんに決まってんだろ」と答えるような子供でしたから。

「月面に立つ」という行為、これが人類にとってなんの役に立つのか全く理解できないし、 そもそも現実感が無いので、すごいことだとは僕も思っていなかった。

でもね、役に立つとか立たないとか、そういう問題では無いんですね。
言葉でうまく表現できないんですけど、人間の認識の限界を突破するというか、想像すらできなかったことを実現してしまうというか、 そういうことには理屈抜きの価値があると思うんです。

宇宙から地球を見下ろすと人生観が変わる、という宇宙飛行士の話を、なにかの本で読んだことがありますけど、 これも精神の成長の一種なんでしょう。その光景を見てしまうと、世界が今までと同じには見えなくなってしまうんでしょうね。 死ぬ前に一度体験してみたい。
ほら、シャア様とかも言ってるじゃないですか、「地球の重力に魂を縛られた者たちよ」なんてさ。 シャアも僕たちに「精神の成長」をうながしていたのです。ジーク・ジオン!

思うに、この「精神の成長」というものは宇宙飛行なんかに限らず、 僕たちの身の回りにもたくさん機会があるのです。成長の程度・規模の大小はありますけれど。

例えば、先人の思想を学ぶこともそうです。外国に行ってみるのもそうです。新しい恋人と付き合ってみるのもそうです。 ただただダラダラしているのもそうかもしれません。要は新しい世界観をインストールするってこと。
この世界を自分はどのように認識するのか、その選択肢は自分で増やすことができるのです。

そういう意味で、月面着陸という出来事は、人間の、世界に対する認識を著しく進歩させたと言えます。 なんせ月ってのは、ずーっとおとぎ話の世界でしたからね。ピーターラビットが餅つきしてるってみんな思ってましたから。その月に、 生身の人間を着陸させようと考えること自体が、人間が自らの精神的な限界を突破した証拠なわけです。マジすごい。

このご時世、だいたいの物事が、意味ある・意味ないとか、役に立つ・ 立たないという基準で判定されますけど、そこで言われてる「意味」 だとか「役に立つ」ってのは、つまるところお金だと思うんですよ。 「これをやっていれば将来お金を稼げる職業に就けるから、これは役に立つ」っていう発想。まぁこれも一つの世界観だと思います。 お金が必要なのは厳然たる事実だし。

しかしね、この世界観だけに囚われてると生きてて本当に苦しいと思うんですよ。お金の量には限りがあるのに、 人間のお金に対する欲望には限りがないんだから、もともと釣り合うはずがないですよね。全ての人が満たされることは決してないと思います。

だからこそ、新しい世界観を自分にインストールするべきだと思うんですよ。精神の成長を心がけるべきだと思うんですよ。 そうすることで、状況に応じて色々なモノの見方ができるからね。ある物事、それ自体に意味があったりなかったりするわけじゃなくて、 意味は自分で物事に付けていくべきなのです。

そういう意味で、僕が今勉強してる東洋哲学は、自分にとって本当に意味があるものだと感じられます。 どんどん新しい考え方をインストールできるから。
てか僕2時間後にテストなんで、こんな偉そうなこと書いてる場合じゃないや。サヨナラ、サヨナラ、…サヨナラッ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。