2005年11月18日

Peeping Tom

夜の東西線。漢文漬けの一日を終え、疲れた体をひきずりながら帰宅する途中。僕は不思議なガイジンさんと出会いました。

スーツを着てスーツケースを持ったエリートビジネスマン風の彼は、僕と同じ車両に座っており、一心不乱に何かを読んでいた。 集中しているそのお顔がまたイケメンだ。僕が女だったらFuck meとか言ってたに違いない。

このイケメン兄ちゃんは一体どんな本を読んでいるんだろう、僕も参考にしたい!彼にあやかりたい!日米イケメン同盟を締結したい!
ということで、僕は彼に接近しました。

覗き込んで驚いた。
彼が読んでいたのはHUNTER×HUNTERの2巻だった。

ご存知の方も多いと思いますが、HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)とは、週刊少年ジャンプに連載中の人気漫画です。 「連載中」というのは少し正確さを欠いた表現で、厳密に言うと「不定期連載中」ですかね。 作者の冨樫先生はいまや休載の帝王として有名になってしまいました。2004年は遂に休載率50%の大台を越え、 2005年も右肩上がりに休載しまくっています。そうそう、冨樫先生、来年の1/23発売号までまた休載らしいですよ。丸々二ヶ月、 ハンターハンターはお休みです。死んでほしい。
さらにこのマンガの凄いところは、下書きを堂々とジャンプに掲載してくること。 普通にへのへのもへじとか描いてありますからね。 背景も何も無い完全に真っ白なコマがやたらと多かったり、棒人間みたいのが描いてあったりと、やりたい放題です。
さすがにコミックスになると大幅に加筆・修正されており、「あ、このキャラってこんな顔してたんだ!」 などと、まるで別の作品になっていて面白いのですが、その加筆作業のためにまたジャンプでの連載を休載するという悪循環。 僕も最初こそ冨樫先生の無気力ぶりに憤っていたものの、最近では、たま〜にジャンプに載るあの下書きはハンターハンターの体験版に過ぎず、 本当のハンターハンターはコミックスで読めるんだ、と割り切っています。長々と紹介してしまいましたが、ハンターハンターてのは、 まぁ僕にとってはかなり面白いマンガの一つなんですよ。

で、そのガイジンさん、普通の日本語のコミックスのハンターハンター第2巻、 ブハラが豚の丸焼き70頭を一瞬で食べてしまったシーンのところを読んでたんですね。ハンターってガイジンにも人気あんのかな〜、 日本のマンガを普通に読むぐらいだから、この人相当長い間日本にいるんだろうな〜、とか考えながら、 前に座ってる女の子をボケーっと眺める僕。

5分ぐらいたったでしょうか、どれどれ、今はどこら辺を読んでるのかな‥? と再びガイジンさんを覗き込むと、これがビックリ。彼はさっきと同じページをじっと凝視していました。さらに、 手には電子辞書を握りしめています!

こ、こいつ‥和英辞典ひきながらハンターハンター読んでいやがる!

僕は戦慄しました。彼は全然普通になんか読んでなかった。歯を食いしばって、必死でマンガに向き合ってた。まさに、 作者と読者の真剣勝負だ。そのマンガの作者は全然真剣ではないが。

でもさ、マンガって辞書ひいても読めないと思うんですよね。とりあえず日本のマンガは。
まず、文法上イレギュラーな表現がやたら多いじゃない。ほとんどが話し言葉だからさ。
試しに、そのガイジンさんが読んでいたページの台詞を書き出してみましょう。

「うんおいしい!(ガツガツ) これもうまい!(ムシャムシャ) うんうんイケる(ボリボリ) これも美味」
「ゲ〜ップ」
「あ〜〜、食った食った もーおなかいっぱい」

この台詞を、外人さんの気持ちになって、手持ちの電子辞書の和英辞典で解釈してみます。
「うんおいしい!(ガツガツ) これもうまい!(ムシャムシャ)」。ここまでは大丈夫そうです。意外にも、和英辞典には「ガツガツ」や 「ムシャムシャ」という擬音がふんだんに載っていました。

問題は「イケる」という言葉。これはどうしようもない。あのガイジンさんも、「Oh,my God!!なんでここはKATAKANAとHIRAGANAが混ざっているんだ!?」と地団駄ふんでたに違いない。 試しに「いける」で和英辞典をひいてみると、生ける活ける行ける‥などと、的外れな単語がズラリ。実際、 日本人の僕でも「イケる」という言葉についての厳密な説明は難しいところです。よくよく考えてみると意味がわからん。

さらに、「ゲ〜ップ」の部分。「げっぷ」で辞書をひけばちゃんと出てくるのですが、 果たしてそこまでたどり着けるのか。「げっぷ」をひくことができたとしても、「Disgusting!!彼はローンを組んだんだね、 ご利用は計画的に!」とか言い出して「月賦」と勘違いしたりしないだろうか。心配でしょうがない。
まぁ明らかにゲップをしてる絵がついているんで、そんな勘違いはしないか‥。

でも、英語圏の人が日本のマンガを読むのはやっぱりキツイものがあると思うんですよ。彼らは横書きの文字を左から右に読むけど、 日本のマンガの場合は縦書きの文字を右から左に読むじゃないですか。しかも効果音とか擬音はだいたい横書きで描かれている。 こんなの読む気しないと思いますよ。

日本のマンガって、翻訳されてヨーロッパやアメリカでも普通に売られてるんですけど、レイアウトがだいぶ変えられてるらしいですよ。 原稿は左右反転でコピーされて製本されるんです。こっちの本は右にページを繰っていくけど、向こうの本は左に繰りますからね。 ちょっと読んでみたことありますけど、全く別のマンガみたいになってた。効果音とか擬音も、 Dooooooom!!などと、訳の分からない音になってた。台湾で読んだ日本のマンガは、 台詞が漢字だらけなのを除けば全く違和感無かったです。あぁ、台湾行きてぇなぁ。

それにしても、あのガイジンさんが電車の中でそこまでしてハンターハンターを読む動機が、僕には皆目見当がつかなかった。 ただの趣味にしてはあれは頑張りすぎだ。なんかの仕事でやってるんでしょうかね?
「ヘイ、Tom、明日までにHUNTER×HUNTERを全巻全訳しておいてくれよ、 この契約はわが社としても絶対に成功させたいんだ」
「Yes,Sir」
みたいな。一体どんな契約だよ、Tom。

みんなの予想も聞かせてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。