2006年01月21日

優しすぎる男

春休みになったらやろうと思っていたことがありました。それは家の片付け。
年末はなんだかんだであんまり家にいなかったので、大掃除できなかったんです。
今現在、僕の家が致命的に散らかっている、というわけでもないんですが、最近は探し物が見つからないことが多くて困っています。 探し物はなんですか?見つけにくいものですか?

僕は、家が散らかっているということを理由に際限なくダラけられるタイプの戦士なので、このままでは勉強がはかどらない。
いや、実際は、家の整頓具合なんてものは勉強の効率にはほとんど関係ないのでしょうが、これは僕の中の問題だ。 自分で自分の言い訳を一つ一つ潰していかないと、僕はいつまでたっても引きこもり予備軍のままなんだ。

そういうわけで僕はちょっと遅めの大掃除を始めたわけですが、早速挫折した。僕はモノが捨てられないのだ。

僕のマンションは結構豊富な収納スペースを誇るのですが、そこにはより豊富なガラクタの数々が詰まっていやがるのです。
ぶっ壊れたステレオとか、拾ってきたエアコン、もう手元に無いようなゲームの攻略本、濃硫酸をこぼして穴だらけになってしまった 『GAYBOY(ゲイボーイ)』とプリントされたTシャツ、ベーゴマ、カードダス、ちょっとアダルトな本、などなど。

これらの物ははっきりいって露骨に不必要なんですが、どうも捨てられないんですよね。
断固として処分しようと思い、手にとってみると、このステレオは随分長く使ったなぁ…とか、このTシャツ、狂ったように着てたなぁ… とか考えてしまい、僕はガラクタをそっと元の場所に戻すことになります。まぁステレオとかは愛着があるから捨てられないんですけど、 エアコンは単純に重過ぎて捨てられない。誰か、今度うちに来た際に、エアコンの不法投棄を手伝ってください。礼ははずみますよ。

一番タチが悪いのはやっぱり本の類で、僕は本はすべからく捨てることが出来ません。「この本のせいで家が狭くなっていた、 捨てなかったことを後悔している」よりも、「あぁ、今あの本を読みたいのに、こないだ捨ててしまった、捨ててしまったことを後悔している」 の方が、僕の中では嫌な後悔なのだ。経験則から言うと、捨てた本というのはある日突然やたらと読みたくなってしまい、 それが読めなかったときの落胆たるや、凄まじいものがあります。
だから。わたしは、捨てない。

まぁ僕の母親も、包装紙とか古新聞などをアホみたいに保存し続けているほぞんポケモンなので、 その血が僕にも色濃く受け継がれてしまったのかもしれませんね。こればっかりはしょうがないや。

以前、「モノより思い出」とか言いながらモノを売ろうとするふざけたCMがありましたけど、これはおかしいと思う。 モノと思い出はバラバラに存在しているわけではなく、モノに思い出が詰まってるんですよ。僕には思い出は捨てられません。ということは、 僕の母親は包装紙やらビニール袋の一枚一枚に思い出を持ってるんですかね…?ゴミにも神様が宿る、 日本古来の八百万の神ってやつなんでしょうか?

そんなことは本当にどうでもいいので、誰か僕に、モノを冷酷に捨てるテクニックを教えてください。大掃除をするには優しすぎる男、 それがEBA…。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。