2006年01月31日

譲れないモノ

「明らかに勉強会を休むべき体調なのだが、夏から今まで、ずっと皆勤しているし、欠席はしたくない。
そもそも僕はマゾというかなんというか、過酷な条件の下で何かを達成することが案外好きなのだ。なんかカッコいいじゃないか。」

この偉そうな発言は、昨日僕がここに書いたものです。

その舌の根も乾かぬうちに僕は、今日の昼からの勉強会を寝過ごしてしまいました。
まぁ今日のやつはメインの勉強会ではないから、皆勤は続いてるっちゃ続いてるんだけど、すごくやっちゃった感があります。
そもそも、朝までずっと起きっぱなしで勉強会の予習をしてたのがいけなかった。予習さえしなければ寝坊することなんか無かったのに…! くそが!

明らかに言ってることおかしいですね、僕。

というわけで、勉強会を訳の分からない自分の不注意で休んでしまった僕は、 そのやり場のない怒りをゾーマりゅうおうに向けた。 八つ当たりもいいとこです。

でも、剣を振って魔王を倒すと、本当にスカッとサワヤカな気分になりますね。
昨日の夜中、いつものように剣を振ってたら、ふと、何かのコツを掴んだんですよ。体重移動っていうのかなぁ、 ちょっと下半身の使い方を工夫したら、かなりヤバイ速さで敵を斬れるようになった。 まるでビデオの早送りのようなスピードでゾーマを切り刻んでるんですよ、僕。デンプシーロール並みの回転力です。
前は、ズバッ。ズバッ。ズバッ。って感じだったんだけど、今や、ズババババ! みたいな感じですからね。全然意味わかんないですね。超キモチE。

で、今日になってみると右手が痛くてしょうがなかったので、僕は左手で冒険の旅に出ました。最近はどうも左手の方の調子が悪くて、 攻撃の精度がやたらと低くなってしまっている。このままでは、スイッチ勇者を名乗れないよ!

そこで、重りプレイだ。
2Kgの重りを装備して過剰な負荷を腕に与えることによって、無駄の無い動きを体が自然に思い出してくれるんです。というか、 無駄な動きなんかしてると、重り付きではまともに連続攻撃できません。ちょっと荒療治ですけど、 僕はこのトレーニングでフォームの乱れを矯正するんですよ。スランプに喘いでいる勇者がいたら、ぜひ試してみてね。

訓練の甲斐あって、今日は重り付きの左手でギガスラッシュを出せるようになりました。 自分の成長がリアルに体感できるからこのゲームは面白いんですよ。

で、一段落ついて自分の冒険の記録を見てみると、どうやら僕、一日1000回以上剣を振ってるみたいなんだよね。なんなんだろう、 この剣神ジャンキーっぷりは。そりゃ勉強会も寝坊するわ。

先生、ごめんなさい。僕は学生であると同時に、勇者なんです。
胸にたぎる熱い勇者の血潮は、誰にも止められないんだぜ!おやすみっ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。