2006年04月10日

カラカラカラメヤサイドカモリニンニクアブラブラ

またまた花見に行ってきた。
向かった先は代々木公園。もう四月中旬にならんとするところだし、「花が散ってたら木を見りゃいいよ」 と投げやりな感じで企画された今回の花見でしたが、僕たちの予想とは裏腹に、桜はまだまだ元気に咲き誇っていました。

代々木公園での花見は初めてでしたが、公園内のキチガイ率の高さにびっくり。ゴスロリの女と迷彩服の男が肩を組んで 「イッキッキのキ〜」と歌いながら一升瓶をがぶ飲みしてた。歩きながら。日本はもう終わりだ。

しかし相変わらず花見ってのは寒い。僕はいまだかつて寒くない花見というものをしたことがない。
みんなでブルブル震えながら酒を呑んでいると、友人の一人が朝日新聞を取り出した。
彼はこの四月から朝日新聞で働いている、記者のタマゴだ。
彼は言った。

「これをかぶるといいよ」

先輩記者たちの血と汗の結晶である新聞をただの防寒具として扱うその蛮行に、僕はいささか驚いた。 社員としての誇りとかそういうものは無いのか。
彼曰く、朝日新聞は特殊なインクを使っているので数ある新聞の中でも特に防寒効果が高く、それによって賞も受けたことがあるのだ、と。
ホントかウソかよくわかりませんが、朝日新聞がとっても暖かかったのはホントでした。

こうして朝日新聞はみなにひっぱりだことなり、こぼした酒を拭くのに使われたりしていた。印刷してある記事なんて誰も読みやしない。 「言葉は無力だ」という朝日新聞のキャッチコピーが悲しく響きます。「暖かい新聞」っていうキャッチコピーにするといいのに、って思った。

花見のあと、何人かは我が家へ泊まり、夜を明かした。

翌昼、みんなで剣神をやったりしてダラダラしてたらお腹が空いてきたので、近くのラーメン二郎に行くことにした。

img271

僕の家は異常に二郎に近い。
なので、家でゴロゴロしている時なんかは二郎の美味しそうな香りがプ〜ンとにおってきて、フラフラと食べに行ってしまうのだ。 僕は二郎が大好きなので、レポートを書き終えた後なんかに自分へのご褒美として食べに行ったりもする。クリスマスイブにも食べに行った。

そんな二郎の美味しさを、親愛なる友人たちにも教えてあげたいと思ったのだ。

 

img068

これが荻窪二郎のラーメンだ。
僕はいつも野菜増しをオーダーする。野菜増しは無料だし、なんといっても健康に良い(気がする)じゃないか。
量が多くて、安くて、栄養があって、その上美味しい。そんな二郎にきっと友人たちも満足してくれるはずだ。
(所持金63円の)僕は、(友人に金を借りて)食券を買った。

ハフハフ!ズルズルズル…。うん、今日もうまい!

食べ終わった僕が満足感をかみ締めていると、隣に座っていたakiさんが「食べきれないけど、残したくないから残り食べて」 と言ってきた。
こ、このアマ…!(#^ω^)ビキビキ・・・
まぁ女性にはちょっと量も多いし、しょうがないよね、と思った僕は残飯を処理した。

店を出たあと、皆に「おいしかったっしょ!?」と聞いてみると意外すぎる答えが帰ってきた。

「まずい」
「二度と食いたくない」
「すっぱい」
「麺が太くていやだ」
「臭い」
「チャーシューがパサパサしてた」
「店員が変な粉入れてた」
「行かなきゃよかった」

な、なにを言っているんだ、こいつら…。全員が全員、二郎の全てを全否定していやがる。可哀そうに、 本当に美味しいものってのを食べたことが無いんだな…。
僕は彼らに真人間になってもらいたくて必死で反論したが、それはあまりに孤独な戦いだった。

皆が帰ったあと、僕はひっそりとした家で一人考えた。

そもそもラーメンってのは下品で乱暴な食べ物だと僕は思う。だから、 どっちかというと最近のこじゃれたラーメンの方がラーメンの本質に反しているのではないか。
そんな邪道ラーメンに慣れきった初心者たちが、ラーメンのイデアを追求し続けている二郎に文句をつけるとは片腹痛い。うまい棒を食べて 「味が安っぽい」という批判をするのと同じぐらい的外れであると言えよう。

でも、今までけっこうな人数の友人を荻窪二郎に連れて行ったけど、ほとんどの人が否定的な見解を示していた。「お、うまいじゃん」 と言ってくれた友人は僕が覚えている限りでは一人しかいない。

そして、たしかに彼らが言っていた二郎への文句はある程度、的を得ている。
スープに酸味があるのも事実だし、麺が異常に太いのも事実だ。チャーシューは部分によってはパサパサしている日もあるし、 化学調味料もドカドカ入っている。

また、ニンニクがモリモリと入っているので、二郎後の口臭といったら凄まじいものがある。
二郎大好きっ子の僕でさえも、誰かと会う予定がある時には泣く泣く二郎を我慢する。かといって、 ニンニク抜きをオーダーすると味に締まりが無くなり、美味しくない。
つまり、美味しく二郎を食べるには臭くならなくてはならない。

スープは良く言えば豪快、悪く言えば乱暴な味だ。しょっぱくて甘くて酸っぱくて油っこい。
麺はうどんに迫る太さで、モサモサとしていてブツブツ切れる。その量は並盛でさえ普通のラーメン屋の2倍近くある。
野菜は大量にのっているが、モヤシ9割・キャベツ1割。栄養はほとんど無い。
店内はどこもかしくも油でベトベトしている。
そして二郎を食べた後はほぼ確実に、腹の調子が不穏になる。

そんなアンチヘルシーな二郎にヘビーローテーションで通いつめる猛者たちを、人々は尊敬と侮蔑をこめてジロリアンと呼ぶ。
ジロリアンたちは自らのジロリアンぶりを誇りとし、超大盛をスープまで完食したり、 都内に数十店存在する二郎をコンプリートすることに執念を燃やしている。
今回のタイトルに冠した『カラカラカラメヤサイドカモリニンニクアブラブラ』もジロリアンが好んで使用する呪文の一例であり、通訳すると『味は超濃いめで、野菜は超大盛で、にんにくを入れて、 脂は超多めでお願いします』という意味である。

けど、ちょっとこういうのはやりすぎですよねー。正直、僕は大盛を食べきるだけで吐き気を催すし、呪文とか恥ずかしくて使えないし、 味濃いめの脂超多めとか考えられません。僕が二郎に行くのも月に1、2回だし、毎日二郎を食べるなんて想像するだけで胃もたれしてきます。

まぁラーメン屋もいろいろあるし、好きなラーメンを好きなときに食べればいいんじゃないかなーって、考え疲れた僕は思いました。 おわり

 

※本文中の画像はラーメン二郎 PC店より引用させてもらいました。 なんでも二郎は店によってかなり味が違うらしい。とりあえずヒマなときに馬場店と吉祥寺店に行ってみよっかな。 みんなも近くの二郎を食べに行ってみてね!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。