2006年06月06日

Active Reading(笑)

良い読書法とは。

・題名・見出しをよく見る。それは著者自身による素晴らしい要約なのだから。
・パラグラフの最初と最後の文はキーセンテンスである場合が多い。
・わからない語はとばし、その前後から類推する。難解な語は平易な表現で解説されている場合が多い。
・自分の知識と書いてある内容を照らし合わせ、文章の5W1Hを考えながら読み進める。読書とは著者との対話なのである。
・つまり、受身ではない、積極的な読書をしようではないか。

特に目新しいことを言ってるわけでもなく、むしろ軽く陳腐な感じすらしますね。そもそも、 日本語ってそれほどパラグラフにうるさくないし〜、読者との対話をはなから拒否してるような著者だっていっぱいいるし〜。
でもこういう基本的なことほど、頭では分かってるのに、無意識にはできてないんだぞ、っていうお話。

というのも、僕がこの「文章の読み方」を教えられたのは英語の時間。
トフル対策の授業なんですが、トフルって素早く英文読めないと点取れないらしいの。まぁそりゃそうだな。
で、先生がこの速読法を語り出したんですが、僕は「そんなん知っとるがな」と適当に聞き流してたんですよ。ろくに英語読めないくせにね。

でもふと思った。
俺、日本語では効率いい読み方できてんのか?いいえ、できていません。
って。

少なくとも、効率よく読もうと意識してない。だからできてない。
ここでも何回か書いてますけど、教授主宰の読書会とか、僕ひどい有り様でしたからね。いっつも課題図書読み終わんないの。
なまじっか日本語には慣れてしまってるばかりに、工夫して効率よく読もうとか、考えたこともなかった。
皮肉にも、漢文とか英語とか中国語を読むときの方が、よっぽど上手な読み方をしてる気がする。
外国語は漫然と読んでてもわかんないから、必死で文章中に手掛かりを探しながら読まざるをえないのです。

というわけで、僕は英語の授業そっちのけで日本語の本の読み方を考えていた。
思うに、僕らの日本語読解を妨げる原因は5つ。

1.知識不足
2.文章に対する不慣れ
3.文章に対する慢心
4.その文章に対する無関心
5・時間的制約による焦り

1・2は同時に起こることが多いでしょうし、2・3も一見相反しているようで実は同時に起こり得ます。他ならぬ僕自身が2・ 3を同時に患っていますからね。
4はどうしようもないね。その本をゴミ箱にぶちこもう。
5、これは誰にでも経験があると思います。僕は試験とかではあんまり焦ったりしないんですが、勉強会の予習が終わらないッ! って時は本当に焦って、その結果、読みが乱れることが多々ありました。焦れば焦るほどに進まなくなってくるんだよね。 まぁ最近は毎回毎回予習が間に合わないから全く焦らなくなりましたけど。

なんにせよ慣れが大事です。
僕、日本語の小難しい学術書を読むのは下手くそですが、マンガと、あとネットの書き込みを読むスピードは異常に早いんですよ。

特にマンガはマジでやばい。月に20冊近くの雑誌を定期購読し続けてるだけあって、 ジャンプとかなら一冊丸々きっちり読んでも20分かかりませんからね。
マンガにおける文法みたいのを体で理解してるので、重要な部分とそうでない部分を瞬時に把握できますし、 話の流れにうまく乗って読んでいるので中々内容を忘れない。

ネットもそう。2ちゃんねるに対して「嘘ばっかりだから読む価値なんか無い」と言う人は多いですが、慣れれば必要な情報・ 正確な情報だけをすぐ取り出せるようになるはずです。このコツに関してはうまく言葉にできませんが、 とりあえず2ちゃんねるブラウザを導入しろ、と言っておこう。あとは2ちゃんねるしまくるんだ。読むんじゃない、感じるんだ。

しかし、学術書もマンガぐらい上手に読むことができたら楽しいんだけどなー。 まぁマンガ鑑賞にはもう15年以上のキャリアがあるからな…。とりあえず15年後にはちゃんと難しい本を読めるようになっておきたい。

というわけで、外国語学習ってのは根本的な部分で母国語に跳ね返ってくるから面白いですね。外国語を知ることで、 日本語の今まで知らなかった一面が色々とわかっちゃうのです。

これだから語学はやめられねぇんだよな…。中国語はキライだけど。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。