2005年12月26日

僕の聖夜、彼の性夜

はい、皆さん、メリークリスマスでした。楽しいクリスマスを過ごせましたか?

僕はというと、23日の読書会の疲れもあり、24日は夜まで寝ていました。なんかもうダルくてしょうがなかったからね。
数週間前にコタツの封印を解いて以来、僕の睡眠時間は等比級数的に増加を続けており、最近は冬眠に入ったクマの如く、 昏々と眠りまくっております。
コタツに入って10分もすると意識が混濁してきますからね。読書をしたり漢文を読んだりしよう、という意志はあるのですが、 コタツのせいでできない。コタツってのは最高の時間ドロボウ(タイム・イーター)であります。

そういうわけで、クリスマスイブも僕はコタツに潜り込んで奇妙な姿勢で眠っていたのですが、夜、 中学の同級生であるちーさんから、クリスマス会やってるから早く来い、みたいなメールが来たので、 心を鬼にしてノコノコと行くことにしました。
正直、その時の寝起きの僕の気持ちとしては、家で惰眠を貪ったりインターネットをしたりしてダラダラ過ごしたかったのですが、 やっぱり誘ってもらえるのは嬉しいですし、なにより人間、誘ってもらえる内が華ですからね。

呆けた顔で会場に着いてみると、妙にはしゃいでいる数人の男女の傍らで、鍋がグツグツと音を立てて煮えていた。
なんか人数にそぐわない異常な大きさの土鍋に、親の敵のように食材がぶち込まれています。家を出る直前に軽く夕食をとってしまった僕は、 そのボリュームに圧倒された。クリスマスにちゃんこ鍋というチョイスにも、いささか疑問が残りますし、 そもそも僕は既に鍋に飽きかけてたんですよ。先週の月・火にかけて、ヒロポン宅で3食連続鍋をやってしまいましたからね。

用意されていた鍋の一方、僕の方も、大好物のファミリーマートフライドチキンを購入してきており、 部屋の中は飽食の国ニッポンを象徴するかのように食い物で溢れかえっておりました。

スパークリングワインを開封し、乾杯。だんだん僕もクリスマス気分に酔ってきました。いきなりズボンを脱ぎだす女性も約一名。 うはwwwメリクリwwwwおkwwwwwwwwwww

深夜になると、コンコンさんが合流。なんか彼、一丁前にスーツなんぞを着ており、自慢げです。 今まで彼女とデートだったらしい。
しかし、詳しく話を聞いていくにつれ、彼のクリスマスイブ・デートの異常さが明らかになってきました。

彼、自分で高級和食ディナーを予約しておきながら、当日お金が足りず、年下の彼女に払わせたらしい。堂々と。 そしてほとんど無一文になった彼は、僕たちの所まで切符も買えず、仕方なくこども料金で来たんだって。デート職人・ が聞いたら青筋立てて怒り出しそうなお話です。

他にも異常な話があったんですが、一応コンコンさんの名誉のために伏せておこうと思います。

で、僕は彼の白痴デートを聞きながら大笑いしてたんですけど、自分のことを省みてみると、そうそう笑ってもいられない。
そもそも、僕とコンコンさんとOSOさんの三人は、ここ数年のクリスマスを常に一緒に過ごしており、 毎年毎年僕の家で飲んだくれながら徹夜で愚痴を吐いていた仲なのです。みんな気持ちいいぐらいに恋人とかその類のものがいなかったからね。

「そもそも22にもなって彼女の一人や二人もいないのは異常だ」

「本来ならこの歳になれば勝手にできてしまうものだよ、彼女なんてものは」

「生まれてこなけりゃ良かった」

「本当に、彼女が、ほしい。メリークリスマス」

そんな堅牢な一枚岩だった三人にも、今年になって亀裂が入りました。コンコンさんとOSOさんには念願の彼女が降臨したのです!あ、 あれ…?ポキにはそんなの降臨してないよ…?

それでも非モテ三銃士の絆は不滅のはず!去年のクリスマスにみんなで約束したもん、「仮に彼女ができたって、 クリスマスはみんな一緒だぜ、彼女なんかよりこの集まりの方がよっぽど大事さ」ってね!

僕は三銃士の残る一人、OSOさんに電話をかけまくった。出ない。出ない。おかしい。

コンコンさんの情報によると、奴はやはり彼女とデート中らしい。

「行けたら行くよ」

OSOさんからこんな連絡が入りました。待ちわびる僕。現れないOSO。募るイライラ。

そして24から25へ日付が変わる直前、彼から一通のメールが届いた。

「すまない。また今度飲もう。」

こ、この野郎!そうか、今から彼女とセクロスか!セックルか!僕は怒りのあまり、 今から新宿渋谷池袋中のホテルをしらみつぶしに探し回ろうとすら考えた。
聡明であり、そして僕との付き合いも長いOSOさんのことですから、僕がこのような反応をするのも織り込み済みのあのメールでしょう。 クソが!去年のイブには二人で朝からビリヤード打ちっぱなしした仲だったのに…。

僕は湧き上がる激情を酒で紛らわせながら、盛り上がった。よくわかんないけど、みんなも楽しそうだった。 コンコンさんはネクタイを頭に巻いて酔っ払いのマネしてた。

こうしてイブの夜は更けていきました。

翌朝。
僕らは特に意味も無くテレビを見ていた。魔法戦隊マジレンジャー、仮面ライダー響鬼、二人はプリキュア…。
クリスマスの朝っぱらから戦隊モノやらアニメやらを鑑賞する男女6人。意味がわからないが、これもいいもんだ。

さらにケーキを食べ忘れてたことにふと気付き、いきなりケーキタイム。しかも、 ワンホールのケーキをナイフでカットなどすることなく6人で同時につつきながら食べるという斬新すぎるスタイル。 ケーキはグチャグチャになるわ、クリームだけ食ってるやつがいるわでメチャクチャでしたが、まぁ美味しかった。 僕は二日酔い気味だったんであんまり食べなかったんですけどね…。

というか最近は、前日の酒が抜け切らないうちにまた飲み会に行ってしまうという悪循環が多くて、二日酔いが慢性化しています。季節柄、 ワインを飲む機会が多いのも一因かもしれない。僕の経験則上、ワインは本当に悪酔いを引き起こす。

というわけで、帰り道、朝の強烈な日差しに吐き気を覚えながら、しばらくお酒は控えようかな、と思いました。 まぁ明日も忘年会なんですけどね。


そういえばクリスマスイブには、ヒロポンからしきりに写メールが送られてきました。彼は彼で、 前回紹介した彼女と二人で楽しくクリスマスを過ごしていたみたいです。

彼女とのディナーですo(^ー^)o
   051224_2132~0003


見た瞬間に笑い死にしそうになりましたよ。彼の体の張りっぷりに、僕は自分でも気付かぬうちに最敬礼のポーズを取っていた…。

なにはともあれ、今年のクリスマスも無事五体満足で切り抜けることができて、本当に良かった。 僕の心のアルバムにまた新たな1ページが加わった。
みなさん、お疲れ様でした!

この記事へのコメント
いやー楽しい聖夜だった!
でも僕たちは本当にOSO君に
見捨てられちゃったのかな(´・ω・`)
Posted by コンコン at 2005年12月26日 22:28

去年のクリスマス、
パソコンを借りて卒論やったなあ。
あの恩は忘れません!
Posted by Sお at 2005年12月27日 00:06
BPさんがまだ現れてないところを見ると
すっかり忘れているのかな?

楽しいクリスマスだった!
ロケットランチャーは爽快だった!
踊りだす人たちは頭がおかしかった!
クリスマスらしいクリスマスでしたね!
Posted by ちー at 2005年12月27日 18:36
>>コンコン
きっと彼は悪い女に洗脳されて本当の自分を見失っているんだよ…
昔の優しかったOSOを取り戻すためには少々手荒な手段も辞さない構えだ。


>>Sお
あ、あれクリスマスだったっけ!
クソ寒い中、僕バイト行ってたよね…今は懐かしき熊のところへ。
なんだかんだで毎年、クリスマスは楽しく過ごしているんだな、と気付きました。


>>ちー
BPさんの言うことは全くのテキトーだからね。
話半分、てか四分の一ぐらいで聞いといた方がいいね!

イブは楽しかったですな。
あの後僕は二日酔いと睡眠不足に苛まされて、25日をまるまる棒にふったんですけどね☆
Posted by EBA at 2005年12月28日 03:32
>>コンコン、EBA
いやほんと申し訳ない、てか二人と過ごせる最後の聖夜だったので、自分としてもとても悔やまれます。また今度飲もう。
Posted by oso at 2005年12月29日 14:36
>>oso
あれ?君、来年からは地方勤務なの?
それにしても、君はいっつも今度今度言って、全然遊んで紅じゃないか。
osoちゃんのこと、もう信じられないよ…。

とりあえず、早急に場を設けよう!
Posted by EBA at 2005年12月31日 17:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11048479
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。