2006年03月25日

自炊のススメ

三ヶ月に渡る春休みも、いよいよ終盤戦だ。
厳しかった冬に別れを告げるため、僕は身を粉にして遊び続けている。

ここんとこの10日間で、実に7回も夜を徹して遊んでしまった。
ここまでやるとね、疲れが体にこびりついて取れやしないんですよ。今日勉強会行ったら、先生に「顔が土色だ」って言われました。

そういうときこそシッカリとした食生活をしなくてはいけないのに、もうメシを作る気力も湧きません。
というか、外泊ばっかして家でメシを作らないせいで、冷蔵庫の中の食材が軒並み変な味になってるんですよね。 それを見ていよいよ自炊する気力が無くなってきた。すごい悪循環。

でも、外食する金も無いし、買い物に行くのもめんどくさいし、せっかくの食材を捨てるのももったいないしで、 泣く泣く冷蔵庫内の超熟成素材でメシを作ってみた。
とりあえず、異臭を放ってるエビとホタテを煮てスープを作ったんですよ。これは一週間ぐらい前に半額で買って来たんだけど、 けっこう高かったの。意地でも捨てられない。

まずは日本酒でエビとホタテをよく洗う。そうすることで、変な臭いのヌメヌメがとれるのだ。 いつも料理用に使ってるゴミ日本酒が無かったので、泣く泣く大吟醸を使ってしまった。
腐った食材を捨てることをケチらんがために、けっこうなお値段だった大吟醸を使うなんて、なにかの本末が転倒してる気がしましたが、 気のせいだと思うことにした。きっと疲れてるんだろう。

そしてシーフードを鍋に投入。煮込むうちに、海の幸とは程遠い、海の不幸そのものみたいなニオイがしてきたので、 ここでも日本酒を豪快に投入して中和。酒で煮れば腐った食材だってみずみずしく甦るんだ!ましてや大吟醸だぞ!
その結果、よく分からないけどスープが緑色になって気持ち悪かった。新手のポーションですか、これ?

ちょっと味見したら、なんか得体の知れない味がしたので、醤油でさらに中和。緑色のスープがどす黒く変色していく。 高校の時の化学の実験を思い出した。
何はともあれ、匂いと味の二段階中和で完璧だ!

苦心の末に出来上がったパーフェクトスープに、賞味期限一週間切れのうどんを投入。僕の経験則上、麺類は2週間の超過までならOKだ。
さらにうどんが煮える直前に、賞味期限二週間切れの卵を投入。僕の経験則上、卵は1ヶ月の超過までならOKだ。

こうしてパーフェクト鍋焼きうどんが完成した。
魚介類の贅沢なスープにシコシコうどん、さらにトロトロの半熟卵。不味いなんてことがあろうはずもない。

いただきまーす!ハフハフ、ズルズル、ズババーッ!

うん、けっこう旨いじゃん。どことなく不穏な味ですが、言われなきゃ気付かない程度だ。と信じたい。

思うんですけど、自分で作ったメシってかなり美味しさ補正がかかりますよね。よっぽど酷い味じゃなければ美味しく感じられてしまう。
他人のウンコはすっごい臭いのに、自分のウンコは大して臭くないってのとおんなじだ。あ、 別にこの鍋焼きうどんがウンコみたいな味したってわけじゃないですよ?

お腹いっぱいになって満足した僕は、翌日の勉強会の予習のため、一晩中漢文をシコシコと読みまくった。

 

そしたら下痢した。
漢文ばっか読んでたからに違いない。これからは漢文の読みすぎに気を付けようと思った。

 

てか誰かマジでごはん作りに来て下さい。剣神やらせてあげるから。お願い。
草をふんだんに使ったヘルシアなごはんが食べたいです。

この記事へのコメント
わかった〜クッキングしにいくなりー!!
料理できないけどクッキングならできると思う!!
草ね?
Posted by ちー at 2006年03月25日 10:41
>>ちー
うん、草!
バイオ巨大ニンジンとか、秘密の草とかは大学で栽培したりしてないの?

てか、クッキングと料理ってなにが違うんだ?
オラすっごく不安だけど、なんかワクワクすっぞ!
楽しみ!
Posted by EBA at 2006年03月27日 03:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15407366
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。