2006年04月28日

道可道、非常道

最近いろいろあって、学問への意欲がモリモリと湧いてきてて、それに伴って中期的な目標も定まって、さぁ頑張るぞーといった感じで、 毎日が充実しているのです。
といった少し真面目な話を今回は書こうと思いましたが、よく考えたらなんかめんどくさくなってきたので、食い物の話でもしようと思う。

 

P1019550

これが今現在のマイ・フェィバレット食べ物、ナガラ食品のホルモン鍋(¥294)だ。
甘辛いスープでじっくりと煮込まれたホルモン鍋を最新の技術によって急速冷凍、旨みを逃がすことなく長期保存・簡単調理を可能にした、 至高の冷凍食品なのです。

このホルモン鍋と僕の出会い…それは、「2ちゃんねるのごくごく一部で大ヒットしている食品がある」 というマル秘情報をヒロポンが教えてくれたことでした。ふん、ネット中毒者どももたまには役に立つじゃねぇか。

しかしこのホルモン鍋、入手するにはかなりのコツを要します。素人にはおすすめできない所以だ。
なんかよくわからないんですけど、これ、ローソンの冷凍食品コーナーにしかないんですよ。

初めてそれを聞いた僕は、ふざけるな、そんなわけがないだろう、物流大国日本をなめるんじゃぁない! と怒り狂ってホルモン鍋を探すために街中を徘徊したのですが、調査の結果、正直ローソンにしかない、とほとんど断言できます。 行く先々のコンビニ・スーパーで探し回ったんだから間違いない。

普段はコンビニ行って冷凍食品コーナーを見ることなんてまず無いわけで、しかもローソン限定ときたらこれはもう、 普通に暮らしてたらその存在に気付きませんよ。実はこのホルモン鍋、かなりのロングセラーらしいのですが。

もちろん、全てのローソンにホルモン鍋が置いてある、というわけではないので注意。 僕の近所のローソンには見事に売っていなかったからね。
その時の僕は「は〜、今日は疲れた、ちょっと奮発して夕食はホルモン鍋といきますか!」って感じだったから、 ブチ切れそうになりましたにゃん。

しょうがないので、僕はバイト先の新小岩にあるローソンで買っていくことにしています。 だいたいホルモン鍋食いたくなるのはバイト後だってのもありますしね。
しかしホルモン鍋片手に45分も電車に揺られてる僕はちょっと考えてもかなりアホっぽいので、 まとまったお金が入ったら大量に買いこんで冷凍庫に備蓄しておこうと思う。

 

前置きが長くなりましたが、いよいよここから、皆にホルモン道を伝授していくぞ。

まず、上にかかっている「ホルモン鍋」とデカデカと書かれたビニールラップを、ベリベリと剥がします。
ここで、早くホルモンしたいあまりに力任せにビニールを破るなんてのは、超NG。
ホルモンが入っているアルミ製の鍋(のようなもの)は思ってる以上に脆いので、乱暴に扱うとすぐに変形してしまうのです。 鍋が変形してしまうと、大事なスープが端からこぼれるわ、火の通りが不均一になるわ、 コンロに置いたときに安定しないわで大変なことになるから気をつけましょう。小さな女の子にイタズラするときのように、優しく、優しく、 剥がしていくのがポイントです。

無事ビニールを剥がすことができたら、いよいよ調理開始。ホルモン鍋の重心をしっかりと把握してコンロに設置し、火にかけます。
ここでも注意!ガスが止められてたりするとコンロから火が出ませんので、ガス料金は毎月欠かさず払い込んでおきましょう。 僕はそろそろガス止められそうだ。

冗談はともかく、ここではトロ火がポイント。最大火力で最短調理しようとすると、多分とんでもないことになります。 炭素フリークにしかオススメできない。

僕が推奨するのは、火にかける時にフタをしておくこと。
手ごろな大きさの鍋のフタをかぶせたり、アルミホイルで覆ったりすると良いでしょう。火の通りも早くなりますし、 なによりスープのカサがあまり減りません。スープは味が濃いので、煮詰めてしまうと辛くてしょうがないと思います。 僕ぐらいのジャンク舌の持ち主ならばそれも余裕ですが、薄味主体、 栄養バランスばっちりの家庭料理を食べてきたトーシロさんにはオススメできない。
また、後で様々なオプションをホルモン鍋に追加する際にも、スープが多く残っているということは重要なのだ。

ここまでの工程を無事終えれば、あとはただひたすら待つのみ。コンロの前でぼけーっとしていてもしょうがないので、 インターネットでもしてましょう。10分ぐらいするとキッチンからいい匂いがしてくるはずです。

P1019553 

あとは食べるだけ!
しかしその前に最後の関門があります。煮えたぎったアルミ鍋はとても熱いのです。鍋つかみ、または湿らせたティッシュなどを使って持ち上げ、 慎重に食卓まで運びましょう。
運ぶ前に、食卓には鍋敷きを設置しておくこと。新聞紙とか、厚手の雑誌でもいいですね。参考までに、ヒロポンは大学のシラバス (2006年度版)を敷いていました。

あとは無心でホルモンを口に運ぶのみ。アルミ鍋は極端に冷めやすいので、一気に食べてしまいましょう。
食べ終わったらすぐさまタバコに点火。辛いホルモン鍋の後の一服は最高ですよ。

というわけで、みなさん、お疲れ様でした。これでホルモン道の基礎編はおわりです。

続いて応用編。

A:ホルモン鍋をおかずから主食へランクアップする
@ご飯にかける
出来上がったホルモン鍋をどんぶりに盛ったごはんにかける。うまいぞ。

Aご飯を煮込む
ホルモン鍋が上の写真のように煮立ったら、暖かいごはんを投入して、スープを全部吸い込むまで煮込む。うまいぞ。
スープがある程度残っていないと焦げるので、フタの使用を推奨。

B麺類を煮込む
うどんやらラーメンやらそばやらを投入して煮込む。
個人的には、麺類はたっぷりの熱湯で茹でないとおいしくないと思うので、あまりオススメできない。少なくとも、 デフォルトのスープ量では明らかに水分が足りないと思われる。スープの水増しをすれば可能か?今後の課題とする。

B:ホルモン鍋の栄養バランス・味を強化する
@野菜を入れる
ホルモン鍋に野菜なんていりません。却下。

と言いたいところですが、さすがにホルモン常習者になると健康が不安になってくるので、たまには野菜を入れることにしている。ネギ、 キャベツ、モヤシあたりが本線か。キノコ類もおいしいぞ。全体の味もマイルドになるので、濃い味が苦手な人にもオススメ。

A溶き卵をかける
ホルモン鍋が煮立ったら溶き卵を回しがけし、フタをして火を止めて余熱で火を通す。火にかけていると簡単にコゲるので注意だ。
辛さをやわらげてくれる上に、栄養・彩りも強化してくれるナイスなオプションだ。オススメ。

Bゴマ油をたらす
ゴマ油をたらす。香りがよくなるぞ。また、油の膜のおかげで少し冷めにくくなる…気がする。

Cビールを飲む
冷蔵庫でキンキンに冷やしておいたビールを飲みながら食べる。ホルモン鍋を作り始めると同時に、冷蔵庫に入れていたビールを冷凍庫に移すと、 いい感じでキンキンになるぞ。
ホルモン鍋は辛いので、ビールが進むこと請け合いだ。ビールは瓶ではなく缶で、さらに発泡酒にすることで、 「生活苦しいけど今日は奮発してホルモン鍋だぜ」というジャンク感を味わえる。オススメ。


今のところ、僕が試したのはこれぐらいですかね。極めてスタンダードな食べ方ばかりです。 コンビーフとのコラボレーションとかもチラッと考えたんですが、やめた。
現在の僕のオススメは、A−A + B−A・B・Cの組み合わせ。マジでウマイ。どうしてホルモン鍋がこんなにうまいのはなぜなんだぜ?


老子は言いました、道の道とすべきは、常の道にあらず、と。
ホルモン道に決まりなんてない。極まりもない。皆さんも自分だけのホルモン道を見つけて、僕にそっと教えてください。

この記事へのコメント
うまそうだね!A-A+B-@・A・B・Cやってみたいなあ。
基本的に濃い味に卵いれるとマイルドになるよなあ。
Posted by gay-1 at 2006年04月29日 06:19
>>gay-1
野菜とごはんと卵を全部入れると、さすがに味薄くなっちゃう気がするぜ!でもヘルシーやね。
今晩はお母さんに頼んで、家族でホルモンパーティーはいかが?
Posted by EBA at 2006年04月29日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


そしてたまにはHな話もしたりしてww
Excerpt: いやらしい目で私を見てくれたほうが、こっちもいろいろと、教えがいがあるってものですww。
Weblog: 奈保美
Tracked: 2006-04-28 08:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。