2006年05月26日

俺は今機嫌がいい

俺は今機嫌がいい。
って学校で言ってたら「アンタ何様のつもりなの」と怒られましたが、それぐらい俺は今機嫌がいい。

なんかここ三日ぐらい僕やたらと荒んでたんですよ。勉強ばっかりしてたせいで。
参加している勉強会がついに7個とかになっちゃって、もういっぱいいっぱいで、バイトをサボってまでその予習をする始末。 なにかが確実に狂っているということは自分でも気付いてたんですが、予習が終わんないんだから仕方ない。

しかもこれ、一過性の忙しさじゃないですからね。院試とか卒論が終わるまで半年以上この生活が続くと思うと鬱々としてきて、 あぁ就職してぇ、とか思ったりもして、気付いたら「お〜いヒロポン、死んでいいぞ〜」とか叫んでる自分がいた。

ストレッサーの極めつけは本日行われた、卒論の中間発表。レジュメ作っていってみんなに発表しなきゃいけないの。 卒論のテーマも決まってないのにね。

でも作りましたよ。あ〜、俺風邪ひかねぇかな〜とか祈りながらも、作りましたよ。読んでた本を適当にまとめましたよ。 先行研究のつぎはぎ、言うならばフランケンシュタインを造りましたよ。

そしたら必死こいて書いてる途中、ビビッと来たんです。大いなる宇宙意志からの電波がね。
『天文暦法』、『数理』、『易』といった漠然と考えていたキーワードが、突然ケミストリーを起こして僕の頭の中で具体化された。あ、 これこれ!このテーマにしよっと!

で、それをユリアン教授に話してみたら意外に高評価だったので、本当にほっとしました。 アイディアが浮かぶ時ってのはこんなもんかもしれない。

やっぱり、『書く』という作業は大事です。書くという行為によって、その時点でできること・できないことが明確にわかるから。
教授も言ってたんですが、『考える』って行為はごまかしがきくんですよね。分かってない部分を保留したり無視したりして、 思考を先に進めることができちゃう。建物を、土台無視して屋根から作り始めるようなもんですよ。
でも『書く』ときはそうはいかない。下にちゃんとした支えが無いと、『書けない』。書くという行為は、かなりの責任を伴う重労働なのだ。

今日はその事を痛感しました。なんだかんだで、半泣きしながらレジュメ書いてよかったなぁ。

あと、教授がそれなりに僕を評価してくれてるのもわかったんで、嬉しかった。僕のように、数字アレルギーがなく、なおかつ漢文も好き、 っていうのは、業界ではレアポケモンらしいんですよ。『なみのり』が使えるピカチュウみたいなもんですね。ピカ〜☆ってな。

こうして無事に卒論ゼミを終えた僕は、異常に上機嫌になった。実際ここ一週間ぐらい、この行事にかなり重圧を感じてましたから。 テーマが決まらん…ってね。
僕はカップラーメンとタバコと発泡酒を買い込んでヒロポンの家に向かった。

で、まだ授業残ってるってのに、白昼堂々、酒をあおりながらのギャルゲー祭りですよ。正確に言うと、 『知らない人がマイクつけて実況しながら新発売のギャルゲーをプレイしているのをネットでリアルタイム配信している映像』を鑑賞しました。 もうなにがなんだかわかりませんが、これが最高に笑えるんですよ。実況してる彼、ゲームの展開に合わせてすごい勢いで一喜一憂してるのね。

「キタキタキタキターーー!!」

「むぅ、デートに誘える可能性は低い…」

「あァーーーッ!!ちょっ、ちょっと、あァーーー!!マジかよぉ…」

「あ、彼女の中の壁が壊れましたね」

「これは打開できないやもしれん…」

と、愉快な独り言を連発。
いつしか僕らもゲームの世界に引き込まれていき、コンピュータープログラムによって制御されている女の子の言動に一喜一憂しまくりんぐ。 すごい幸せだった。他人が体験してる仮想現実に過ぎないのに。

こうして僕はさらに上機嫌になった。そして今に至るわけ。来週バイトの給料入ったら、即このゲーム買おっと。

 

という風に、僕は勉強漬けの毎日を送っているのです。
おかしいな、今週は本気でキツかったのに、日記に書き起こすと、遊びまくってる印象しか受けないぞ…。

なぜだかよくわかりませんが、そろそろ筆を置いて勉強に戻ろうと思います。中国語の長文をきちんと全訳しとかないと、 教えてくれてる先輩に馬乗りされてボゴボゴにされちまいますからね。

そうそう、僕いよいよ本格的に中国語やばいんですよ。先生が「これは院試に間に合わない」と断言してたから間違いない、うん。
なんか僕、新しく勉強会に入ってきた二年生に、一日で中国語の発音追い抜かれたらしいですからね。 俺はもうかれこれ10ヶ月ぐらいやってんのによ。あ、またムカムカしてきた。

この記事へのコメント
お邪魔します〜♪
「馬乗りされてボゴボゴ」ではなくて、「予習を忘れられない体になるくらいまでボゴボゴ」ですよ。
いや、冗談。ウソウソ。殴って覚えられるぐらいだったら、幾らでも殴りますって。
リラックスしながら、気長にやりましょうね。(笑)
Posted by 龍頭 at 2006年05月26日 22:00
>>龍頭さま
ヒッ、ヒィィィィッ!嫌、殴られるのはもう嫌ッ!
まぁ実際殴られたら覚えられるかもしれませんね。

そろそろ明日の予習やらなきゃな…。はぁ…。
リラックスします!
Posted by EBA at 2006年05月27日 00:15
予習死体けど今日飲みすぎでついさっき4階程吐きました。
もう死に鯛ですよ。。。
Posted by ひrpん at 2006年05月27日 01:24
いやー。なんだか非常にいい感じですね!!

「書く」のと「考える」の違いは、気づかなかったけど、本当にその通りだと思いました。
「話す」はどっち寄りだろう?
私は転勤前に、沼の上に建てた柱を回収していかなくてはいかんぜよ。
Posted by Sお at 2006年05月27日 07:31
「話す」のは、「考える」のと「書く」のを同時にできないと
ダメなポジションみたいな?

転勤、今度はこっちに帰ってくるの♪?


Posted by ちぃ at 2006年05月27日 17:07
>>ヒロポン
お前が何回吐いたかなんか興味無いぞ〜。
そういう自分語りは鏡に向かってやってくれ〜。
決して、君の体の心配なんか、絶対にしてないんだからな!

>>Sお
「話す」って、時と場合によると思うけど、なかなかごまかしがきかないと思うな。
口調とか語尾とか表情とか話の展開とかから、思ってる以上に多くの情報がバレている気がする。
つまり「話す」ことは、ごまかそうとすることは容易にできるけど、実際にごまかすのは難しい、と僕は思いました!

あと、沼地の上に建てた柱でも、いつかなんかの役に立つ気がするな。


>>ちぃ
俺が答えてもいいのかわからんが、「話す」だけは自分だけじゃできない活動だからなぁ。会話の途中だと、話す内容をじっくりと吟味するわけにもいかないし、この3つの中では異質な行動かな、って思いました。

彼女、こっちに帰ってくるらしぃょ♪
Posted by EBA at 2006年05月28日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18379272

英会話福岡
Excerpt: 英会話福岡のご紹介
Weblog: 福岡
Tracked: 2006-08-29 16:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。