2005年05月11日

続・僕と魅惑の島々

ブログのトップにブーンを放牧しました。かわいがってやってください。EBAです。

ある筋から要望がありましたので、今日は再び魅惑の島々について語ろうと思います。


『海の小さなテロリスト!黒い彗星のガラパゴスペンギン』

皆さんはペンギンと聞くとどのような光景を想像しますか?僕の場合、北極なんかでシロクマやらアザラシやらイヌイットやらと戯れながら、腹ばいで氷の上を滑っている様子を想像してしまいます。
だから、まず南国ムードムンムンのガラパゴスにペンギンがボケーッと立ってる映像だけで、僕はかなりウケてしまったんですよ。友人Kは「寒くない場所にも普通に生息してるけどね」と、僕を鼻で笑ってましたが。

やたら場違いに映るガラパゴスペンギンたち、不覚ながらとってもかわいらしいんです。体長は40cm前後で、虚ろな瞳で海を見つめています。ちっちゃい。かわいい。僕は鳥全般が嫌い、ってか怖いんで、毎朝カラスから逃げ回って回り道してたようなやつなんですが、鳥の何が嫌いかっていうとですね、足なんですよ。なんかすごい生々しいの。実際生なんですけど。気持ち悪い。前世でなんかあったんじゃないかっていうレベルですよ。食べたらおいしかったんですけどね、足。
つまり、ペンギンは足が見えない、という理由ですごく愛らしく思えてしまうんです。友人Kは「毛の下に普通に足あるけどね」と、僕を鼻で笑ってましたが。

しかし。
テレビの前で
「やべ〜ペンギンかわいいわ〜今からガラパゴス逝こうかな〜」
とか考えてたら、彼らの餌取りの様子が映し出されたんです。

これがショッキングだったんですよ。僕には。
「あんな事をするような子には見えなかった、何かの間違いでしょう」みたいな感じです。

まず彼らは崖みたいなところから、すごい勢いで海に飛び込んでいくんです。もうあの虚ろな目ではありませんでした。戦場にのみ生きがいを見出す、傾き者の目です。だがそれがいい。

海に入ってからがヤバイ。速いんですよ、泳ぐの。時速40kmとか言ってました。日本の英雄・北島康介が100mで57秒95ですから、ざっとその6倍のスピードですね。北島が6人フュージョンしても勝てない、そんな速さ。チョ〜気持ちいい×6。

そんな感じでペンギンたちは魚雷みたいになって突撃していきます。
彼らののターゲットはなにか?
魚群です。
ガラパゴス諸島のあたりは水温が低いこともあって魚たちのパラダイスになっているらしいのです。この魚群てのもおかしくて、数万匹単位なんですよ。しかもやたらと規律正しい。きちんと列になって移動してるんです。巻き込まれたら即死しそうな勢いです。

しかし!ペンギンたちはお構いなしに悪魔的な数の魚たちに突っ込んでゆきます。なんかほんとに傾き者のようです。

ペンギンたちの攻撃も激烈です。5,6匹で魚群に全方位攻撃を仕掛けます。小さいだけに小回りがきくので、繰り返し繰り返しあらゆる方向から攻撃を加えます。夢幻闘舞を想像してもらうとわかりやすいと思います。ペンギンを一瞬でもかわいらしいなどと思ってしまったことを、心から後悔させるような光景でした。ごめんなさい。

ペンギン改めテロリストたちのあまりにしつこい攻撃に、さすがの魚群も一部が崩壊していきます。ちりぢりになって必死で逃げる魚たち。
「みんな!生きろ!!」「うわぁぁーー!」
こんな感じです。テロリストたちは容赦なくはぐれた魚を追いかけまわします。集団で。もうなりふり構いません。逃げる魚、迫るテロリストたち、そして…。

その後はむごすぎてとても書くことができません…。というより疲れたので書きたくありません。とにかく、鳥類を即刻絶滅したい気持ちになりました。

おわり


今から二時間くらい仮眠を取ってから、大学に行こうと思います。みんな!オラにちょっとずつ睡眠時間をわけてくれ!

では。




この記事へのコメント
( ´,_ゝ`)プッ
っと鼻で笑ったところで。
リンク確認しました、どうもありがとう。

ときに、クチバシのあるヤツらは基本的に凶悪です。
つつかれると痛いし、与えたエサに突進してくるあまり、
人間サマに恐怖心を植えつけます。
ハトにエサをやるヤツらにはそれが分からんのです。
Posted by K at 2005年05月12日 00:44
>>K
幸い鳥に襲われたことは無いが、カラス以上の大きさになると根源的な恐怖を感じる。恐竜に追い掛け回されてた哺乳類の記憶が残っているんだろうか。そういや爬虫類とか両生類も須く嫌いだわ。世界は恐怖に満ち溢れている。
Posted by EBA at 2005年05月12日 05:05
ガラパゴスはイグアナ見にいってみたいものだなあ。あの皺だらけだが憎めない顔を拝みたい。
鳥に襲われた経験といえばこのまえ鎌倉にいって山の上にある名もない寺の前で鳥のから揚げ食ってたときにトンビに背後からさらわれたよ。一瞬何起こったのかわからなかった。足よりもくちばしが怖いね。
Posted by ゲイイチ at 2005年06月07日 10:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「フュージョン」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 フュージョン 」の検索結果で、「GIANT CAPRICCIO .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-13 09:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。