2005年07月06日

弁護士鏖(ミナゴロシ)

今日もお酒を呑んできましたよ。
金沢に転勤する友人の送別会、ってことで、仲のいい友人3人で、別れの杯を酌み交わしてまいりました。

酒呑みながら話してて思ったんですけど、どうもね、僕はうまく会話ができなくなってしまったようなんです。
現在は法科大学院に在籍中の弁護士志望の男と、法律うんぬんについて話したんですけどね、 なんか会話がスムーズに流れないんですよ。

別に仲が悪いから、とか気まずいから、とかじゃなくて、僕が彼の話す内容にいちいち突っかかってしまうんですね。
僕が気になってしまうのは、彼の言う、「社会的正義」だとか「当然取るべき行動」 とかそういうフレーズなんですよ。

こういうフレーズを聞いてしまうと反射的に僕は、「お前の言う正義ってのは、なにを以って正しい義だと言っているんだよ!?」 とか「当然取るべき、ってのはどういう価値判断の結果に、べきって言ってるんだよ!?ア゛ァ!?」 な〜んて言って、893ばりにタチの悪い言いがかりをつけてしまうんです。

こう毎日のように中国思想の講義を聞いてると、どうしても『義』だとか『当然 (然るべき)』という漢字に敏感にならざるをえなくて、その結果僕は、 曖昧な認識でこの言葉が気軽に使われるのが許せなくなってしまったようです。やべーな、気持ち悪いですね、僕。

それに加えて、僕は弁護士っていう職業にあまり良いイメージがなくてですね、 てかむしろ嫌いな職業の一つなんで、それも彼に突っかかる原因の一つなんだと思います。どうもね、 弁護士って不当に多い収入を得ている気がしてならないのですよ。
クソの役にも立たない法律の理論を、パン屋さんみたいにコネコネコネコネこねくりまわしてね、無知な人々の弱みにつけこんだり、 金持ちと結託したりして、荒稼ぎしてるに違いないんです!言うなれば、法律という道具をちらつかせて金をかすめとる泥棒ですよ。 さらに言えば、法知識という羽を使ってこの浮世をブンブンブンブン飛び回るゴキブリみたいなもんですよ。鬼畜にも劣る所業です。 情状酌量の余地があろうはずもない。判決!懲役100億万年!ガシャーン!

まぁ、このイメージは全部、僕の無知と妄想と嫉妬の産物なんですけどね。なんか弁護士ってお金持ちそうじゃないですか。 うらやましいんです、僕。僕にもお金くださいよ。ワンワン。

こんな事書いてるんですけどね、なんだかんだで、今日彼と話したおかげで、弁護士に対する僕の歪んだ見方が少し矯正されました。 有意義な時間でした。時間ができたら今度はゆっくり呑もう。
あ、あと弁護士になったら、社会的弱者から巻き上げたお金で酒をオゴってワン!

 

この記事へのコメント
あたしなりにちょっと共感!!
漠然とした言葉って気になってしまいます。
誰が、それを「正義」だと思っているのかとか、その「正義」って具体的にどういうものなのかとか。
Posted by あき at 2005年07月06日 12:43
だよな!
学問の徒は何事にも疑い深くなければいけないと思うんだ。
その人が自分自身でも気付かないで、「正義」を曖昧な意味で使っているのか、それとも作為的に曖昧な意味で使っているのか、それを見極めることが大事なんじゃないのかなー。
Posted by EBA at 2005年07月07日 02:03
たぶん今の法律では正義って公平ってことになってるはず
じゃ公平ってなんなのかはよくわかんないんだけど、そのへんは歴史の問題で君の専門なんじゃないのか?
Posted by TN at 2005年07月07日 02:50
でしょでしょ??
疑わない人間はダメだと思うのだ。
あたしも疑わないで当たり前だと思い込んでることってたくさんあるんだけどね。
疑うことをやめたら、思考停止しちゃってダメだと思うのだよ。
ここで、ダメってなんなの?ってなるけどねw長くなりそうだからまた今度。
Posted by あき at 2005年07月07日 04:13
ハワード S.ベッカー『アウトサイダーズ』
はどうだろう? 
「社会集団は、これを犯せば逸脱となるような規則をもうけ、それを特定の人々に適用し、彼らにアウトサイダーのレッテルを貼ることによって、逸脱を生み出す」
という考え方。直接的には「逸脱」についての本だけど、EBAの意識に近いんじゃないかという気がする。
Posted by so at 2005年07月07日 23:34
>>TN
法律でいう正義だとか公平ってのが理想とする社会は

社会の中での現在の自分の立場と他の人の立場を入れ替えたとして、自分の立場が社会のどの立場の人と入れ替わっても不利益を被らないような社会

ってことなんでしょ。
この前提が馬鹿げていると思うんだよね。しかも実現の兆しは全く無いし。現実は往々にして無惨っ……!
Posted by EBA at 2005年07月08日 00:30
>>あき
疑うってことは物事に能動的に関わっていくことだからね。人間の人間たる部分を一番刺激する行動だと思うんだよ。俺は。

まぁ、別に、疑わなきゃダメ、ってわけじゃなくて、人それぞれでいいんでない?
俺の場合は、疑い深い自分がけっこう好きだし、知らない人に騙されるのが腹立たしいから、いろいろ疑うわけだよ。でも、流されたり騙されたりするのが苦じゃない人って、案外いるじゃん!俺たちの周りにもさwwww

あと、騙される人がある程度いないと、困る人々もいると思うんだよね。マスコミの人とか!
Posted by EBA at 2005年07月08日 00:36
ってことは今度は「不利益」ってのがなんなのか問題になってくるな…
今の法律の場合ほとんどはつまるとこカネに行き着くしかないわけだが
Posted by TN at 2005年07月08日 00:42
>>so
逸脱っていう概念とかアウトサイダーというのは、社会的集団があれば必ず(意識的、無意識的どっちかはわからないけど)生み出されるものだ、ってこと?

そもそも、君の言うところのEBAの意識ってのがどういうものなのか、それが俺にもよく分かんないやwww

時間あったら教えてちょんまげ!
Posted by EBA at 2005年07月08日 00:43
確かになー。だまされる人がいてもいいと思うし、人の幸せはその人自身が決めればいいし、あたしが他人の幸せを崩す権利もないし、あたしがそんなに偉くて賢いわけでもない。
でも、やっぱり気になってしまう。まだ御子ちゃまなんですよ、私。
あと、あたしは公平な社会を本気で信じる人が一番危ない人だと思っていますw
だって、世の中には自分が何も(努力とかね)していないっていう自覚もなく、不平等だって叫ぶ人間がいるからね。報われないとか。
Posted by あき at 2005年07月08日 14:17
あ、すまんねEBA。もうこの話自体賞味期限切れだろうけど、さっき初めてこのサイトに来たのと、一応当人として言うことは言っとこうと思って。

「正義」とか「公平」は直接対面で話してその都度確定しよう。僕は僕なりに思ってるものはあるし、それはEBAが個人的に考える意見とすり合わせなきゃ意味がない。EBAも批判するだけじゃなくてEBAの「正義」と「公平」をぶつけなきゃ非生産的。それには会って話すのがてっとりばやい。当然、究極は信念の問題だけど、そこに行き着く手前で論理を戦わせる必要がある。ぶつけるにはお互いの手札を確認しとかなきゃ。現状認識や信念について。

金儲け弁護士は、たしかにいるし、でも、弱者よりの弁護士もいる。当たり前。だから、問題は、弁護士が正義だっていう固定観念。それを持つ人は、早くそれをぶっつぶした方がいい。法曹が増え、国民の司法参加も活発になれば、みんなの視線も厳しくなるし、資格があるだけでありがたられる時代は終わる。楽観視はできんが、基本、安価に高質のサービス提供するところに需要は流れる。少なくとも今よりは。

傍論だけど、一応法律の建前では(法律自体を僕が擁護してると思うなよ)努力とか能力による分配の偏りはおっけーだよ。それへの批判も当然あるが。関連して、残念ながら世の中、どんながんばってもある種の権利を実現させられない人が、日本に限っても何百万人といる。現実が「無惨」なのは当たり前。ただ、まだましな「無惨」は、どんな状況でもある。それが僕個人が目指すところ。当然、簡単ではないがね。

まぁこういうのはまた飲んでてそんな話になったときにでも。じゃな。
Posted by ツイシィ at 2005年08月21日 04:05
>>ツイシィ
レスありがと。
案外まじめに考えてるんだなぁ。

現実は往々にして無惨、とか言ってみたけど、実際のところ俺は無惨な現実っていうのを知らないんだよね。話で聞いたりとかはするけど、所詮ただのお話でしかなくて。そんな僕が現実を語ってはいけないような気がしてきました。
同じように、不公平さとか理不尽さも自分のこととして体験したことは無いんですよ。だから話がかみ合わないのかも。つまり、酒呑もうぜ、ってことだ。
Posted by EBA at 2005年08月21日 13:02
どうだろな。僕が実感してきたその手の理不尽さは、あるにはあるが、世の中いくらでも同じような目にあう人はいる。もっとしんどい人も山ほどいるでしょう。ただ、不幸比べしてもしょうがないし、経験がなきゃそのことについて語れないのでは他者との対話は不可能になる。必要なのはそういうことについての情報、関心、および想像力、それ以上のことは他人に求められないよ。そういうことの上澄みにすぎない新聞を眺めるだけでも世の中にはそういうのがあふれかえっているのがわかるし、たぶんね、自分にとっても、今はなくても今からいくらでも出てくるよ。自分のことじゃなくても、友達や家族や恋人や、そういうつながりの中で。現実は往々にして無惨、って福本伸行だっけ?あの人の話に出てくる人は、たしかに無惨を地でゆく人が多いよな。ダメダメな多重債務者とか。

まぁだからそれとは別に呑もう。
Posted by ツイシィ at 2005年08月21日 17:22
ついでにリンクさせていただいた。よろしう
Posted by あ at 2005年08月21日 18:39
>>ツイシィ
『あ』っていう投げやりな名前はやめようぜ!リンク確認しました。こっちからもリンクしておいたんで、よろしく!要するに、呑もうってことだ。
Posted by EBA at 2005年08月21日 19:31
すまん、名前の欄を件名の欄と勘違いして、本文につなげたつもりのまま投稿してしまったのだ。リンクありがとう。呑みについちゃぁまたメールでもしまっさ。
Posted by ツイシィ at 2005年08月21日 20:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ヅラじゃねーぜ触んな
Excerpt: 触んなよ。いいか触んなよ!絶対触るなよ!!
Weblog: Blog
Tracked: 2005-07-07 09:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。