2005年09月20日

2005/09/19(Sun)@新宿

三連休の真ん中、美しい満月が摩天楼に浮かぶ日曜の新宿。僕たちは月なんかに見向きもせず、せっせと合コンをしていた。

参加者は、私EBAと、TAIWANさん・ ウサギさんの三人。下手をするとこの三人で、すでに3ケタの合コンをこなしているのではないか。
僕とTAIWANさんは16:45に喫茶店・AYAにて待ち合わせ。 僕が新宿駅に降り立った時点で待ち合わせ時間はすでに過ぎていたのだが、なぜか僕の足はふらりとゲームセンターへ。 昔ハマっていた格闘ゲームで、初心者を狩って遊んでしまった。

結局僕は30分以上TAIWANさんを待たせて、気だるそうな顔でAYAに到着した。灰皿に積み上げられた彼の吸殻が、 彼のイライラ具合を雄弁に語っている。

「今日ダルくね?」

彼のイライラを逆撫でするかのように僕は切り出してみた。

僕は、その日の合コンに全く乗り気ではなかった。
その日の昼、僕はちょっとした野暮用ではるばる成田空港まで行って疲れていたし、なによりお金が無かった。所持金2300円。 本気で合コンに臨むのであればちょっと考えられない所持金である。合コンなんかでこの虎の子のお金を使いたくない。
さらに、夜がめっきり涼しくなってきたのにもかかわらず、窓全開のパンツ一丁で寝てしまったせいで、鼻からとめどなく濁流が溢れてくる。

決定的だったのは、前日の夜、幹事であるTAIWANさんの元に入った女性側の幹事からの連絡。 女性陣のうちの一人が急用のために欠席するらしい。
3対2の合コンというのは見るからに数が合っていないが、実質的にはこれは3対1なのである。
なぜなら、僕たちが合コンの開催を頼むような女の子はすべからく可愛くないから。その子が可愛いなら、回りくどく合コンなんかを企画せずに、 直に接触すればいいのだ。
というわけで、僕たちはだいたい男性の人数を一人水増しして先方に伝える。そして当日集まった際に、「ごめん、 一人急用で来れなくなってしまったんだ」とでも言えばいい。
一見最低の裏切り行為だが、合コンというのは若い男女のエゴイズムが複雑に絡まりあう、いわば戦場である。戦場で、後ろから撃たれた、 後ろから…と騒ぎ立てる兵士がどこにいる…?いたら物笑いの種にされるだけだろう。
そんなことを言って強がってみても、いつも後ろから撃たれるのは僕らの方なのだが。

さて、僕のこのヤル気無し宣言に対して、意外にもTAIWANさんも同意を示してきた。
そもそも今回の企画、セッティングの段階からして異常だったのだ。
二月ほど前、僕ら3人は新宿に集まってセッティング大会を催した。携帯のメモリを漁りながら、 合コンしてくれそうな女の子に片っ端から電話をかけまくるのだ。しかしこう何度も合コンをしていると、 全く記憶に無いような女性の名前が携帯に登録されていたりする。今回の幹事であるカオリ(仮名) さんもその一人だった。そしてカオリという女性が誰なのか思い出せないまま、TAIWANさんは手際よく合コンを企画してしまった。 ちなみに僕は、幸福の科学の女性信者に合コンを頼んでみたが、惜しくも流れてしまった。

とにかく、僕にもTAIWANさんにもカオリさんの記憶が無いということは、おそらくカオリさんとは、僕らが全く興味を示さなかった、 でもとりあえず番号だけは交換してみた系の女性なのだろう。

そんな話をしていると、17:40、ウサギさんが到着。彼も当たり前のように遅刻だ。しかも誰もそれを咎めない。 弛緩しきった空気が流れていた。
さっき彼女と別れてきた、と話すウサギさん。確かに目が腫れている。しかしよくよく話を聞いてみると、フったのはウサギさんだし、 しかももう一人別に彼女がいるとのこと。彼が泣く理由が全くわからない。

集合時間も近づいてきたので、僕らは女性陣との待ち合わせ場所であるアルタ前へ向かった。途中、 TAIWANさんが便意を催したのでコンビニへ。彼が力んでいる間、僕はヤングマガジンを立ち読みし、 ウサギさんは持参した国家試験の問題集を読んでいた。急ぐ様子は誰にも見えない。
結局、18:00の待ち合わせに15分ほど遅刻した僕たち。悪びれた様子は全く無い。
女性陣は、例のカオリさんと、そのサークル友達であるノリコ(仮名) さん。とっても普通な顔立ちのお方だった。人と違うものが見えてしまうウサギさんだけが、「カワイクね!?カワイクね!?」 と連呼していたのを覚えている。

さて、本日の会場は、『八珍亭』。サワーが美味しいのと、なんだかんだで安い、 そして個室があるという点で、合コンにはこのお店をよく使うのだ。

一次会はソツなく進行していく。カオリさんもノリコさんも人の話をちゃんと聞ける子だったので一安心。 それなりに場は盛り上がっていたのだが、だんだん歪みが生じてくる。その原因は全て男性陣にあった。

この合コンに対するヤル気の無さが為せるわざなのか、男同士がやたらとイヤミを言い合い始めたのだ。誰かが話題を提供しようとすれば、 誰かがそれを潰す。3人の中でその連鎖が止まらなくなっていった。なんで男たちが三国志モードなんだろう?今までは、 息ぴったりの連携プレイで数々のピンチを切り抜けてきたじゃないか!みんな気付いていたはずだが、やめられなかった。

さらに、不用意な失言も多かった。
ウサギさんがいきなりノリコさんに向かって「君、熊に似てるね」と言い放った時には血の気が引いた。 「俺、リラックマ好きだよ、君も癒し系だね」と意味の分からないフォローをしてみたが、 余計に気まずくなってしまった。
こうして、ギスギスした雰囲気が場を包んでいく。

その日の男性陣の無気力ぶりは本当に凄まじかった。俗に『トイレミーティング』と呼ばれる、 一次会中の男性陣極秘会合があるのだが、僕らはいつもその際に自分の担当の女の子を決める。

「お前は誰狙いでいく?」
「Aちゃんかなぁ、君は?」
「そしたら俺はBちゃんをマークするよ、本当は俺もAちゃんがいいけど、君の方がいけそうだからね」

といった感じである。この儀式によって、自分の役割が明確になり、効率の良いプレイが可能となるし、 男同士の無用な衝突も回避できるのだ。もちろんこの会合は、女性陣に悟られないように工夫された上で開かれる。

しかし今回のトイレミーティングは本来の意義を完全に失っていた。

「お前誰いくの?」
「君が好きに決めてくれていいよ」
「いや、俺もどうでもいいし」

なぜか便所で譲り合いをする僕ら。集合時にはあんなにカワイイカワイイ言ってたウサギさんを含めた全員がこの調子だったので、 僕はなかば強引にTAIWAN×カオリウサギ×ノリコというカップリングを決め、自分は高みの見物を決め込むことにした。 女性陣の住んでいる場所が栃木県群馬県である、 という事実も大きなヤル気ダウンにつながったのだろう。すでに旅行に近い遠さではないか。
こうして白けきった一次会は終了。僕たちは八珍亭を後にした。

外に出て、女性たちを巧みに歌舞伎町へと誘導していくTAIWANさんとウサギさん。 彼らがうまくカップル同士にバラけたのを確認して、翌日の良い報告を期待しながら、僕は一人ゲームセンターへと向かった。

キモヲタの群れの中で黙々とゲームをする僕。とってもリラックスしているEBAがそこにはいた。あぁ、本当に楽しい、 こんな時間がずっと続けばいいのに…。
その願いは叶わなかった。至福の時間を切り裂く一本の電話が。TAIWANさんからだった。

「ダメだった、で、君は今どこ?」

2ショットになったものの、ちょっと攻めてみたら速攻で帰られてしまったらしい。そしてウサギさんも。まるで駄目である。 それなのに大して悔しがってもいない様子が、僕たちのこの合コンへの意気込まなさを如実に語っていた。

合流した僕たちは、再びAYAでコーヒーをすすりながら、もう合コンはいかんざき…、 とボヤくのだった…。

 

この記事へのコメント
カオリって人におつかれメールうつべきかな?
Posted by TAIWAN at 2005年09月20日 12:39
>>TAIWAN
一応打っとけば?
君とカオリがどういう別れ方したかしらんけど、もしかしたら次につながるかも紅しさ…。
でも別につなげたくないな。
Posted by EBA at 2005年09月20日 22:20
リラックマでフォローするあたりが、すごく好き。
EBAもリラックマに似てるんだから、
EBA→(リラックマ→)ノリコさん
でノリコさんはEBAに似てるの?
もしそうなら、是非会いたい会いたい会いたい。
Posted by ちひろ at 2005年09月21日 21:01
>>ちひろ
ちょっ、おまっ、その三段論法はおかしいだろ!
俺とノリコ(仮名)さんは全然似てないよ。
というか、君がいくら会いたがっても彼女には会えないや、だって番号とか交換してないもん…。

僕がリラックマに似ているという指摘は、各方面から寄せられており、大変複雑な気分であります。
Posted by EBA at 2005年09月22日 04:25
ちぇっ・・似てないのか・・

でも、もしかしたらEBA似のノリコさん(仮名)とEBAの子供は
EBAU号になるわけだね。リトルリラックマだね、プージュニア。
それはそれで、それだけで合コンの意味があったような感じだね。
Posted by ちひろ at 2005年09月22日 12:40
>>ちひろ
いやいや、だから、そもそも俺と彼女は似てないっつーの!
しかも子供作ったりしないっつーの!
だから、あの合コンの意味なんてないっつーの!
フゥフゥ…。
Posted by EBA at 2005年09月22日 21:55
もしも話だってばぁ・・

つーのって3回も言われちゃった。てへ
Posted by ちひろ at 2005年09月23日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7111120
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。