2005年10月04日

ハロー卒業論文

やべ、気付いたら豪快に更新が滞ってる。

後期の授業が始まってしまって、なかなか時間が取れなくて…と言い訳したいところなんですが、別にそうでもない。 相変わらずMJ2に耽ったり酒とタバコに溺れたりしているのだから。

それに加えて、現在、あるPCゲームにハマっています。このゲームがまた面白いんですよ。

サウンドノベルって知ってますか?そう、『かまいたちの夜』 に代表されるような、文章を読み進めて、最良と思う選択肢を選び、事件を解決していくようなスタイルのゲームです。

僕が今やっているゲームもサウンドノベルなんですが、これが斬新なんですよ。

選択肢が一切無いのです。つまり、一本道の文章を読み進めていくだけ。プレイヤーである僕がシナリオに関与できる部分は、全く無い。

そんなんゲームじゃないじゃん!なにが面白いの?EBAってBAKA?と皆さん思われるかもしれませんが、まだまだ甘い。

このゲーム、同じ舞台、同じ時間、(ほぼ)同じ登場人物で8つのシナリオが用意されているんです。そしてその8つを通して、 プレイヤーは自分で真相を推理します。大筋は同じである8つの事件を重ね合わせることで、1つの真相が見えてくるのです。

例えて言えば、f(X)という、Xについての関数があるとしますよね。
この関数に代入するXが8つあります。そのうちのX=1をこの関数に代入すると、f(X)の値が3になります。X=2を代入すると、f(X) の値は10になります。X=3を代入すれば、f(X)の値は−7になります。
こうして、X=8まで次々に代入していき、8つの場合のXとf(X)の関係を調べる。そこから、f(X)とは果たしてどんな関数なのか? ということを考える。
そんなゲームです。なんとなく分かってもらえました?

で、1つのシナリオが大体5〜6時間はあるんですが、僕は今朝やっと、4つめのシナリオを読み終わったところです。

はっきり言って、未だに真犯人が全く分かりません。人間による殺人なのか、超自然的な力(崇り)による殺人なのか、 それすらも判断できないんですよ。
僕は推理小説とかサスペンスが大好きなんで、真相はこうに違いないっ!と推理してみるのですが、 次のシナリオに進むと毎回毎回、僕の推理が明らかに間違っていることが分かってしまう。
真相が知りたくてしょうがない僕は昨夜も、眠すぎて気絶しそうな脳味噌にニコチンで喝を入れながら、徹夜で読み進めてしまいました…。

このゲーム、絵があまりにちゃっちいし、文章も誤字脱字が多いんですが、僕はこのシステムと深い謎に魅せられています。
あと、すごく怖い。おとといの夜中に、あるシーンでビックリして飛び上がっちまいましたよ。

興味がある人には紹介します。

というか、僕はこんなゲームに没頭している場合ではありません。

たった今、本日提出の『卒業論文計画書』というやつを書き終えたところです。

題目は、『中国上代に於ける暦法の変遷とその思想的背景』としました。

中国の暦法については、去年、ふとしたことから調べてみて、ある程度は個人的にまとめてみたんですが、 それを差し引いてもかなりハッタリを効かせたタイトルになってしまった。なんかやたらと強そうじゃないですか、このタイトル。 タイトル負けしないような充実した内容の卒論ができたらいいなぁ。

というか、卒論の出来については、正直、全く心配していないんですよ。心配なのは、卒論の指導教授なのです。
どうやら僕が最も忌み嫌う教授が、僕の指導教授になってしまうようなんですわ。

僕ね、本当に嫌いなんですよ、そのジジイがさ。なんていうか、老人の悪い部分だけを抽出して精製するとこうなるであろう、 そんな奴なのです。
傷だらけのCDのように同じ話を(たしか)8回も繰り返すところとか、訳の分からないことで偏執的な怒り方をするところとか、 「私の若い頃は…」から始まる、大体は的外れである自分賛美と学生批判とか、もうこの野郎の授業をクーリングオフしたくてたまらない。 ミニにタコができかねない!

でも、そんなことより、今の僕は、自分が卒論の計画書なんかを書いているということが、なんだか無性に嬉しいのです。
あの怠惰のシンボル的存在であるEBAが、一丁前に卒論とかなんとか言い出しおって…これを感無量と言わずして、なんと言うか! って感じですよ。
体中に、ヤル気・元気・根気の三つの気が満ち満ちてきたぞ!ゴゴゴゴゴ…!

というわけで、ゲームのし過ぎで眠いので、寝ます☆
起きたらMJ2やりに行こっと!

この記事へのコメント
俺は卒論書けるか不安だよ。微妙だあよ。
Posted by merio at 2005年10月04日 13:07
早く会いに行こうよー
本場の「これを感無量と言わずして」って聞きに行こうよー
Posted by ちひろ at 2005年10月04日 15:43
>>mereo
卒論はなんてお題目で書くの?
コラボしようぜ!
てか久しぶりに君の彼女んち行きたいなぁ。


>>ちひろ
行こう行こう。
やっぱり本場の感無量は一味違うからね!
顔をモンキーのように真っ赤にして言うのがポイントだよ☆
Posted by EBA at 2005年10月05日 00:59
Tennessee Williamsにおける黒人表象の変容

こんな感じ。題目は十一月に提出だったかな。
あれ? EBAって4年だっけ?

んじゃあ 俺
Tennessee Williamsにおける暦法の変遷とその思想的背景
で書いてみるわ!
Posted by merao at 2005年10月05日 01:16
>>marao
よし、じゃあ俺は、
中国上代に於ける黒人表象の変容
で書いてみるよ!2000年前の中国に黒人っていたのかな?

ちなみに俺は華の三年生だよ。
うちの学校、計画書出すの早すぎじゃね?
だから寝坊しちゃったんだよ…
Posted by EBA at 2005年10月05日 03:22
いたいた! いまくった! 
ポストモダン歴史改変論文でいこう!

早いね。
でも、早めに準備した方がいいからそれはありがたいよ。
Posted by maramarao at 2005年10月05日 04:41
>>mara
てか君、提出が11月ってもうすぐじゃん!やばくない?
呑み行こうぜ!

なんか中国と黒人の関わりについてが、真面目に気になってきた。
Posted by EBA at 2005年10月06日 09:29
やばいよ! 

どうなんだろ、やっぱ19世紀からかね。
Posted by marario at 2005年10月06日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7672494
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。