2005年10月21日

告白

おはようございます。
久しぶりの更新なのになんなんですが、今日は皆さんに伝えなくてはいけないことがありまして、 眠くて死にそうなんですけどこうして筆を取った次第です。

なかなか言い出せなかった。言いたくなかった。それを言ってしまったら、みんなが怒り、悲しみ、 そして僕に呆れ返ってしまうであろうから。それがただただ怖かった。
しかし複数の友人からその事についての指摘を受け、皆さんの前で懺悔するよう諭された。その暖かいアドバイスに背中を押され、今日、 僕は勇気を振り絞って皆さんに告白しようと思います。

まず、このブログの左側、メニューと表示されているところを見てほしい。
見つかったら、メニューの項目の上から五番目を見てください。

うん、コンビーフって書いてあるよね。そこをポチッとクリックすると、 僕のコンビーフについての日記がネチョネチョと表示されるはずです。
そこには、僕のコンビーフへの熱い思い、コンビーフを使った創作料理のレシピなどが書かれています。 コンビーフレシピランキングは一ヶ月に一回更新するよ!などと、真性のコンビーフジャンキーな僕の、 嘘偽りの無い気持ちが、そこにはギッシリ詰まってる。そしてこれからも詰まっていく、そのはずだった…
でもね…

もうコンビーフ飽きちゃった。全然食いたくない。というか、ここ一ヶ月以上食べてない。だって食いたくないんだもん。 飽きちゃったから。論理がループしちゃうぐらい飽きちゃったんだよ!文句あるか!コンビーフ喰わせるぞ、この野郎!

そもそも、調子に乗ってコンビーフばっかり喰いまくってたのがいけなかった。絶頂期の僕の食事は、 三食全てにふんだんにコンビーフが使用され、その一食につき少なくとも二品は、コンビーフがらみの料理だった。 なにもかもにコンビーフを混ぜて摂取してましたからね。果てはジャンクフードにまでコンビーフをコラボレーションさせる始末。 コンビーフをどうフューチャリングするか、コンビーフでなにをオマージュするか、僕は毎日コンビーフにインスパイアされていました。 もう脳味噌がコンビーフになってたとしか思えません。あの頃は本当にコンビーフが美味しく感じられていた。モノよりコンビーフ。 プライスレスだった。

そのソウルフルな美味しさに運命的なものを感じた僕は、コンビーフを魂ビーフなどと呼び、 積極的にコンビーフについての日記を書いた。コンビーフが好きな自分が誇らしかった。

しかし。
僕の体は水面下で、度重なるコンビーフメニューに悲鳴をあげていました。たぶん。ふと気付いたら、全くコンビーフを食べたくない自分がいた。 べつに、コンビーフがトラウマになってしまうような凄惨な事件が起きたわけでもありません。でもなぜか、コンビーフに対して、 精神的にEDになってしまったんです。昔はあんなにビンビンだったのに!

その事実に気づいてしまってからが地獄だった。「コンビーフ大好きEBA」 という周囲のEBA像に悩まされ続ける毎日。僕はみんなの前では、コンビーフをこよなく愛する男であらねばならない。

「俺はコンビーフが好きだった、いや、今でも好きなんだ、好きに違いない、好きでなければいけないんだ…」

セルフマインドコントロールに励み、嫌々コンビーフを食べた夜もあった。しかし、以前なら一食に一缶以上は食べていたのに、 どうしても箸がすすまない。まるで右手に今まで食してきたコンビーフの原料となった牛や馬がぶら下がっているようだった。重い。重すぎる。
結局その日は、3分の1缶程度しか食べられなかった。残りはラップで包んで冷蔵庫へ。

一週間ぐらい放置してたら、カビが生えてた。
もうコンビーフとはお別れだ。その光景を目の当たりにして、僕は頭ではなく心で、その冷厳なる事実を理解した。
約二ヶ月半の短い付き合いだったが、ありがとう、コンビーフ。おいしかったよ。


これで僕の懺悔は終了です。みんな、今まで言い出せなくてごめん!あんなに好き好き言ってた手前、「飽きちゃった」 という告白は僕のプライドが許さなかったんです。なにが『魂ビーフ』だよ。アホか、 俺は。
それに、二ヵ月半とはいえ、心から愛していた食べ物に対して「飽きちゃった」なんて台詞を吐くことはできなかったんです。 昔の女を悪く言いたくない、って感じですかね。

なにはともあれ、毎日毎日パソコンの前に正座してマウスを握りながら僕のコンビーフ日記を楽しみにしていた人、 僕の影響を受けてコンビーフに人生を捧げてしまった人、最近EBAが私じゃなくてコンビーフばっかり見てる、とヤキモチをやいてた女の子、 みんなみんな本当に申し訳なかった!痛みに耐えてよく頑張った!反省した!

 

さて、突然ですが、今日から僕は合宿に行ってまいります。
行き先は白樺湖。2泊3日です。僕の大学は今日は創立記念日なんで、こんな芸当ができるわけなんです。 まぁ明日の土曜日は休みでもなんでもないんで、僕は必然的に明日の例のドイツ語の授業を休むことになりますが、そんなことは些細なことです。

なにしろ合宿参加者は全員なんらかのジャンキー。6人中6人が喫煙者、うち5人はニコチンジャンキー、 さらに3人はアルコール依存症という鉄壁の布陣です。銀河系軍団もビックリ。肺ガン、肝硬変、どんと来い!本当に楽しみです。

楽しみで楽しみで昨夜は寝れなかった、と言いたいところですが、実際昨夜は合宿中に行なわれる勉強会の予習が終わらなかったため、 漢字と格闘しながら徹夜することに。あぁ、昨夜、 ゲーセンが閉店するまで延々とMJ2をやったりしなければ、こんなことにはならなかったのに! にゃんぴょが可愛すぎるからいけないんだ!
さらに日曜は合宿から帰ってきたその足で飲み会に参加する予定なので、体、特に肝臓と肺がもつか、心配でしょうがない。
この無謀極まりない予定の組み方、やはり僕の脳はまるごとコンビーフに置換されているようです。Let it be。

では、行ってまいります。向こうではポニーに乗る予定です。

この記事へのコメント
痛みに耐えて良く言った!
感動した!!
Posted by あき at 2005年10月21日 14:32
>>あき
頑張ったよ。改革を止めるな!X!
Posted by EBA at 2005年10月25日 00:16
温泉タバコは危なくない?
前、タバコ吸った直後に風呂入って死にかけたよ?
湯船からは何とか這い出たけど、洗い場でしばらくぐったりしてたよ?
Posted by メリオ at 2005年10月26日 01:37
>>マラオ
いや、別に危なくないっしょ…。爽快だよ。不味いけど。
俺、家の風呂でもタバコ吸うし、慣れてんのかな?時々クラッとするときはあるけどね!
てかキミ、コメントする日記、違くね?どうでもいいんですけどぉ〜
Posted by EBA at 2005年10月26日 02:09
あれ? なんでだろ。
そういや生協食堂でジンギスカンラーメン売ってたよ。
これもコメントする場所違うけど。
Posted by マルオ at 2005年10月26日 04:09
>>メラオ
ジンギスカンラーメンねぇ…。
お互いの持ち味を殺してしまうような気がするなぁ。
チンギスハーンとラーメンを一緒に食べる必要性が見当たらない。
そういえば、うちの学食にも一時期ジンギスカンあったんだけど、イマイチだったなぁ。
コメントの場所については気にしないでいいよ、自分で言っといてなんだけどさ
Posted by EBA at 2005年10月26日 23:50
味噌ラーメンだったから、北海道繋がり、ってことかな。
まあ、食べることはないだろうな。
Posted by merio at 2005年10月27日 02:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


焙煎にんにく
Excerpt: トラバ汚しすみません。面白コラムはじめましたのでもしよかったら私のブログに遊びに来てくださいね^^
Weblog: 真琴の赤裸々日記
Tracked: 2005-10-21 08:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。