2005年10月25日

酔っ払い〜そしてルンペンへ

合宿から無事帰ってきました。

僕は今2つの勉強会に参加しており、モジャモジャと漢文を読んでいるのですが、うち1つは先生が教えてくれてるんですよ。
で、勉強会の後はたいていみんなで飲み屋に直行し、先生も交えてバカ話に花を咲かせます。もう満開です。
その中で、先生が蓼科に別荘を持っているという事実が発覚。 じゃあ高原で集中的に勉強会するって名目で酒飲みに行こうぜ、 ってことで今回の合宿が企画されたわけです。

金曜日。参加者6名のうち、実に3分の2が集合に遅刻するという軽く不安な幕開けとなりましたが、 僕らは2台の車に分乗して一路蓼科へ。車内ではジブリソングが流れ続け、 僕はカントリーロードを聴きながら一人でシンミリしていました。えぇ唄や…。

さて、当初の予定としては、10時に大学を出発、14時30分には向こうに着いているはずでした。
しかし。実際の到着はなぜか19時近くに。街灯などほとんど無い別荘地はすでに深い闇に包まれており、 暗いし寒いしお腹空いたしでもう大変です。やっぱり高速のサービスエリアで頻繁に止まってチェーンスモーキングしたり、 暗い山道を地図も無しで適当に走ったりしたのがいけなかったんでしょうか。

ボロボロの状態で別荘に到着した僕たちは、早速夕飯の準備を始めました。
夕食は寄せ鍋です。鍋大好きっ子である僕は鍋道具を持参しており、 荷物の約半分がカセットコンロと鍋で占められていました。残りは酒、そしてほんの少しの着替えと勉強道具です。
もちろん異常な荷物なのは僕だけではなく、Kの荷物はジェンガやらUNOやら野太い打ち上げ花火やら日本酒やらで構成されていましたし、 先生に至っては木刀やら小太刀やらを4本も持ってきていました。 もはやなんの合宿なのか分かりません。

で、車の運転もなんもしてない僕がタバコをプープー吸いながらビールを飲んでたら、いつの間にか鍋が出来ていました。 女性陣が頑張ってくれたみたいです。

しかし、寒い時期に、みんなで鍋食いながら酒飲むってのは最高だね。楽しい雰囲気のせいか、はたまた高原の気圧のせいか、 速攻で酔っ払ってきた僕らはなぜかジェンガを始め、奇声を上げながら木片を積んでは崩し、 積んでは崩していました。皆いい年した大人なのに。

こうして蓼科の夜は更けていきます。しこたま酔っ払った僕は、懐中電灯を片手に一人で森をウロウロしたりしてたんですが、本当に暗く、 そして静かでした。静かすぎて耳鳴りがするんですよ。こんな環境は久しぶりだ。
なんか嬉しくなった僕は、おもむろに携帯電話を取り出し、その場でブログを更新しようと思いましたが、うん、圏外だった。

翌朝。
四時間程度しか眠れなかったので、全員廃人のような顔で起床。朝一番でコーヒーを飲みながら虚ろな目でタバコを吸い出す人間が多数。そう、 このメンバー、ニコチン中毒者が異常に多いんですね。

この日は、一応のメイン行事である勉強会もやったし、旨いそばを食べに行ったし、温泉にも行ったしでかなり充実していた気がする。
特に温泉は良かった!
露天風呂だったんですが、僕の入ったところは人っ子ひとりいなかったので、 僕は遂に念願の温泉タバコを実現できたのです。温泉タバコとは、 要するに温泉につかりながらタバコをプープーするというゴージャスな入浴法です。そう、今年の春、 台湾の露天温泉でその魅力に取りつかれて以来、僕はずっとチャンスを狙っていたのですが、やっとワンチャンスをモノにできました。 皆さんも試してみてください。

夕食はキムチ鍋です。鍋ってラクだし美味しいじゃんということで、当たり前のように二日連続で鍋。 わざわざ鍋道具を持ってきた僕としては、感無量ですよ。
さて、運転も料理もしてない僕がタバコをプープー吸いながらと将棋を指してたら、 いつの間にか鍋ができていました。女性陣が頑張ってくれたみたいです。

蓼科最後の夜。当然僕はアホみたいに酒を飲みまくった。辛いキムチ鍋を食べると最高に酒が飲みたくなってしまうのだから、 これはいたし方ない。でもね、僕よりも凄まじい勢いで飲み続けてた女性がいたんですよ。 彼女の名前はM2さんとでもしておきましょうか。

このM2さん、僕の大学の院生の方なんですが、とにかく飲む。飲みまくる。ちょっと前にやった飲み会のときも、 日本酒やら焼酎やらをガパガパ飲んだあげく、「終電がやばい」 とか言いながら雨の中を走って帰っていった猛者です。ちなみに彼女、キャットフード経験者らしい。 そんなバカなことをするのは僕だけかと思ってた。ビックリした。

さて、宴もたけなわとなった午前4時すぎ。突然、 M2さんと先生が木刀を手にして立ち上がりました。酔った勢いで暴れだした、とかそういうわけではなく、 剣道の型の練習を始めたんですね。空手で言えば組み手です。

実はこの先生、「二日酔いの時は素振りを1000回もやれば酔いは抜ける」 などと言い出す剣道一直線の日本男児で、僕は剣道がよくわかんないんですが相当強そうです。
それに対して、M2さんは合気道の達人であり、この間も国際大会で優勝したという、 まぁこちらも僕は合気道がよくわかんないんですが相当強そうです。おそらく一回戦ったら僕は三回ぐらい殺されると思う。
まぁ強い女性といっても、田村TAWARA選手のような岩石ポケモンではなく、可憐な容姿なので安心していただきたい。

で、剣道ってのは昇段審査に型の実演みたいな科目があるらしくて、M2さんは先生からその手ほどきを受けていたんですよ。
僕は酒を飲みながらぼけーっとそれを眺めていたんですが、武術の達人同士の型の練習、やっぱりキレイなもんです。なんか動作が滑らかで、 木刀同士に引力があるような、そんな感じです。
すごいなぁ、と感心していたところ、先生からM2さんにダメ出しが。どうやら型の動きを間違えたようです。

「ここはこうしてこうするんだよ」

「わかりました」

再び型が始まります。
しかし仕切りなおしても全く同じ動きで間違えるM2さん。
違うとはいえ、キビキビとしたすばやい動作です。

「そうじゃなくて、こうだよ」

「わかりました」

それでも再び全く同じ動きで間違えるM2さん。

「いや、だからそうじゃなくてこうなんだって」

「わかりました」

もちろん全く同じ動きで間違えるM2さん。

同じ動きが何度も繰り返される…、まさかなにかのスタンド攻撃か!?と身構えていたところ、4回目か5回目か、 僕と一緒にそれを眺めていたKが一言。

「僭越ながら口を挟ませていただきますが、M2さん、もう休んだ方がいいですよ。目の焦点が合っていませんから」

なんでそんなに丁重な口の利き方なのかはひとまず置いといて、同じく目の焦点の合っていなかった僕は全く気付かなかったんですが、 彼女、すでにベロンベロンだったようです。
たしかに後から思い返してみると、その夜、 まずビール日本酒が一瞬で空き、 更にワイン・僕が台湾のファミリーマートで買って来た養命酒もどき焼酎が主にM2さんと僕によって消えていったような気がする。あまりに危険すぎる組み合わせ、 そして量だ。

まぁこんな感じで飲み会はお開きになり、みんな疲れ果てて眠りにつきましたが、僕と先生は二人でタバコを吸いながら、 トイレでゲーゲーやっているM2さんの介護の準備をしていました。人が自分より酔っ払ってるところを見ると、 不思議と酔いって冷めるんですよね…。

翌朝。
なんとか全員起床し、やはり前日の鍋汁で作ったうどんと味噌汁を食べます。ここまで単調なメニューだと逆に爽快ですよ。
朝食後、なんだかんだとダラダラしてたところ、出発はお昼すぎになってしまいました。
そう、この日はお家に帰る日であり、さらに僕にとっては飲み会に出席する日だった。池袋に19時集合。 無駄に過密スケジュールな僕はみんなに、ダラダラしてないで早く帰ろう!?と叫びたかったが、 当の本人である僕がグーグー二度寝していたので叫べなかった。

帰り道。
僕たちは蓼科湖で車を止め、湖畔を少し散策しました。湖の周りの木々はほんのりと色づき始め、 美しい景色と高原の爽やかな空気が疲れ切った僕たちをリフレッシュしてくれます。そんな中、M2さんは草むらでゲーゲーやってました。 この対比に僕は一人でニヤニヤ。

でもニヤニヤし続けてるわけにもいきません。僕の心配事はやはり時間。今日の飲み会には出たい!出たすぎる!
しかし、高速が最高にうまく流れていたらギリギリ19時に池袋に着けるかも…という僕の淡い期待は、 サービスエリアで木っ端微塵に吹き飛びました。渋滞25km。 高井戸出口まで270分。おいおい、今日中に東京着けるかも怪しいじゃねぇかYO!

「EBAくん、キミ、本当に今から飲み会行くの?」

という、珍獣を見るような先生の目が痛かった。

まぁ走っているうちにだんだん渋滞は緩和していき、結局僕らは23時ちょっと前に新宿に到着したんですが、飲み会には遅刻も遅刻、 大遅刻です。向こうはすでに2次会に入っているようですが、まだ僕を待っててくれるとのこと。うぅ、ありがとう…。

ところで、その時僕は大荷物を抱えてました。自炊の際に余った食料を大量に持ち帰っていたんです。米3kgに卵1パック、 キムチにチーズにソーセージにお菓子。持参した鍋を向こうに置いてきたというのに、なぜか行きよりも数段重い荷物。 連日の飲み会と睡眠不足で澱んだ目。そう、今の僕にはルンペンという言葉がピッタリです!

そんな僕を見かねたのか、先生が池袋までタクシーで送ってくれることに。やたっ!
こうして、飲み屋の前にタクシーを乗り付けるという芸能人顔負けのプレイで、なんとか飲み会に出席できたのです。

眠いのに車を運転してくれたみんな、タクシー奢ってくれた先生、工事中の明治通りを的確な判断で避け、 最短時間で池袋まで届けてくれたタクシーの運ちゃん、みんなみんなありがとう!

行ってみたら半分近くの人はすでに帰ってたんですけどね。さらに僕が行ってから30分ほどで、飲み会は終了したんですけどね。 まぁ楽しかったからいいや。根気よくルンペンを待ちぼうけてくれたみんな、本当にありがとう。

今回の合宿、僕の中ではいろいろな反省がありました。
合宿の前は体調をしっかり整えておくこと。
出発前日に40分しか寝てなかった僕は、合宿中はずっと疲れっぱなしでダラダラダラダラとリラックマしてしまいました。
そして無茶な予定を立てないこと。
夏休みに軽井沢→金沢の旅行コンボをやったときも思ったんですが、どうやら、 旅行から帰ってきた当日にさらになんかのイベントをするってのは無理っぽい。しかも旅行のたびに無一文で帰ってくるというオマケつき。
自分の無計画さにやっと気付いた。

でも今回の合宿は本当に楽しかった。これぞ合宿ですよ。ボロボロの廃屋みたいなとこで雑魚寝させられたり、 夜が明ける前から山登りをさせられたりと、蓼科には正直ロクな思い出が無かったのですが、それも払拭されました。
この新しい、そして楽しい記憶を胸に、心機一転、勉学に打ち込もうと思います!

とか言って、翌月曜日、僕は当たり前のように学校をサボったんですけどね。疲れてるのに、一限からなんて行ってられるかっての! にゃんぴょ☆

この記事へのコメント
「差し出がましいようですが、云々」ね。
しかし、実際凄かったな、あの型の練習は。
意識が朦朧としながらも、きっちり理に適った動きをするんだからw

月2のツチケンの授業は易について一時間ぐらい解説してくれたから、
聴いておけばかなり勉強になったのに、惜しいことをしたね。
やっぱりツチケンは偉大だわ。
Posted by K at 2005年10月25日 17:41
確かに凄かったですよね。
リピート記号が付いたみたいな動きでしたが、足の運びも形も綺麗で…。
月曜日は、ちゃんと授業に出ましたよ。三限辺りから船を漕ぎ始めましたが。
Kさんもお疲れ様でした。

…と、話に混ざってみました。一緒に行ったAです。
Posted by 青年A at 2005年10月25日 19:01
>>K
すまん、正直あの状況では細かい言い回しは覚えていなかったよ。
A型は細かいなぁ。

月曜二限の件、ツチケンが易の話始めた時に電話して起こしてほしかった。ずるいよずるいよ!
俺はいま恋患いで勉強がなにも手につかない状態なんで。


>>青年A
あれ!?Aさんじゃないですか。運転お疲れ様でした。
僕も一緒に八王子で降りてまっすぐ帰宅すれば、月曜は学校行けたかもしれなかった。絶望した!

良かったらそっちのサイトも教えてください〜、軽く検索かけましたけど見つからなかったのです。
Posted by EBA at 2005年10月26日 02:04
EBAを待ちきれず帰ってしまってごめん!!
実は首都にでてきてました。次の日、本土最北へ帰ったけどね。
ブログ教えてもらってロム専のはずが思わずつられてでてきちゃった。
会えなかったけど、EBAの日常が知れて大満足です。
これからも読みにくるよ〜。
てか、こっち遊びにこいって☆東北の酒は最高ですってば!
Posted by 青森子 at 2005年10月26日 16:08
>>青森子
やぁやぁ久しぶり。
日曜はごめんなさい。俺池袋着いたの、11時過ぎだったからなぁ。俺が君の立場でも、普通に帰ると思うよ。

つか青森行きたい!厳しい自然の中で動物たちと戯れたい!
いつまでそっちにいるんだっけ?ちょっと真面目に考えてみるよ〜
Posted by EBA at 2005年10月26日 23:54
今、5年生だから、あと一年ちょっとだよ。急げ〜
冬とか来たら雪と戯れられるよ、嫌というほど!
こっちにいる女の子達とこたつで飲み会とかいいんじゃないの?
あ、でも合コンは卒業したんだもんね、すまん!
Posted by 青森子 at 2005年10月27日 19:11
>>青森子
雪とは戯れるっていうか戦う感じになりそだね…。
てかコタツで飲み会って、最高!最高すぎる!
厳密に言うと、コタツでの飲み会は合コンにはあたらないので、気にしないでいいよ!
やばいな、行きたいな…。誰か他に行きたい人、いるかな。
Posted by EBA at 2005年10月28日 03:51
久しぶりに忘れていた記憶がよみがえってきました。
そうか、そんなに繰り返して形をやっていたのか…。
意外とまともな動きをしていたようでびっくりです。いやはや。
Posted by M2 at 2005年12月01日 00:30
>>M2さん
ワォ!コメントありがとうございます。
実際、あの時は先生も褒めてましたよ、
「確かに型的には間違ってるけど、あれはあれで良い攻撃なんだよなぁ、なるほど…」って。
てか、忘れてたんですか…。いやはや!

Posted by EBA at 2005年12月01日 03:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8566274

独り言
Excerpt: よろしくです!
Weblog: かな
Tracked: 2005-10-25 09:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。